教育基本法に対する思い入れ(1)

 一般的な法律より 上位に来る 基本法を変更するって
 後戻りができないんですよね

 悪名高い、教育勅語が
 政治家たちの願いを入れて出てくるまでにあった 教育法規は
 むしろ 現代に通じるものだった
 ということは 教員採用試験のために 暗記でもしなければ
 知らない知識ですが





 さて
 いわゆる太平洋戦争時代の教育が 国民全体を不幸にした
 という反省が
 教育基本法にはこめられております。
 私が1番好きな 教育基本法前文です
 われらはさきに日本国憲法を確定し、民主的で文化的な国家を建設して、世界の平和と人類の福祉に貢献しようとする決意を示した。この理想の実現は、根本において、教育の力にまつべきものである。
 われらは、個人の尊厳を重んじ、真実と平和を希求する人間の育成を期するとともに、普遍的にしてしかも個性豊かな文化の創造をめざす教育を普及徹底しなければならない。
 ここに、日本国憲法の精神に則り、教育の目的を明示して、新しい日本の教育の基本を確立するため、この法律を制定する。


 高度経済成長期の教育は詰め込みで個性を大切にしてこなかった,
 だから 「いまこそ個性尊重」といっている皆さん
 普遍的にしてしかも個性豊かなですよ
 普遍性がなけりゃ たんなる 独り善がりですね
[PR]

by gabefunyaa | 2006-03-23 08:31 | テーマトーク | Trackback(1) | Comments(2)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/4291884
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 雑誌いろいろ雑感いろいろ at 2006-03-27 09:48
タイトル : 提言 日本国憲法
じゃん Vol.30 財団法人 横浜市教育文化研究所の季刊誌で2006年春号です。提言日本国憲法という特集をくんでいます。 janというのは、JUST ANSWER FOR NEXT-GENERATIONからとったようです。 ... more
Commented by おりがみ at 2006-03-23 09:56 x
「食育基本法」とか「自立支援法」とかアホな法律は作るは、「基本法」を骨抜きにしようとするわ。

「退場!!」して欲しい「何かのためにこどもが命を捨てる事を強要するような法律」を作ろうとする人々は。
Commented by gabefunyaa at 2006-03-24 11:02

>おりがみさん
御訪問ありがとうございます。
お上が「愚民を教唆し導く」というふざけた設定には、とうていついて行けません。
大正時代後半に生まれ、デモクラシーを知らず、昭和初期を知る親を持ってますから,同年代の(親が若い)ヒトたちよりびびってます。

<< 教育基本法の改○って・・・ 熱し易く冷め易いから、野球に対... >>