教育基本法に対する思い入れ(3)

 教基法改正案を閣議決定 「国と郷土を愛する」明記
 あーあ
 とうとうもう押しとどめられないのかよ この流れは

 正規教諭が中心の労働組合は
 一体何やってるんだよ と ニュースを見てやるせない思いになったのでした。




 大東亜共栄圏なる
 当時の日本政府が主導する 
 わけのわかんない思想 の 片棒を担いだ事に 対する 反省が
 (アメリカからの押し付けだ,という人もいるけど,
 それはちがう,というのが私の立場)
 染みこんでいる それが教育基本法だと思っていただけに・・・

 第四条(義務教育) 国民は、その保護する子女に、九年の普通教育を受けさせる義務を負う。
国又は地方公共団体の設置する学校における義務教育については、授業料は、これを徴収しない。

 第五条(男女共学) 男女は、互に敬重し、協力し合わなければならないものであつて、教育上男女の共学は、認められなければならない。

 第六条(学校教育) 法律に定める学校は、公の性質をもつものであつて、国又は地方公共団体の外、法律に定める法人のみが、これを設置することができる。
法律に定める学校の教員は、全体の奉仕者であつて、自己の使命を自覚し、その職責の遂行に努めなければならない。このためには、教員の身分は、尊重され、その待遇の適正が、期せられなければならない


 義務教育の年限を変える・・・長期化するんですか?
 じゃあ その財源はどこが負担?
 無償=全部の経費が無料,ってことだろう、と 妙な主張をして
 給食代など を納める事に 抵抗する保護者がいるそうですが
 授業料を徴収しないだけですから、残念!

 幼稚園・保育園の一元化は 下へと義務教育を延ばす布石だったの?
 高等学校 義務化したら 
 相撲のように 若いうちに入門するのがルールになっている分野を
 どうフォローするつもりなんだろう

 男女共学
 私は別学は好きじゃないんですよねw 
 男は「しょーも無いことが好き」 女は「えげつない」
 っていうのは若いうちに知っておかなきゃ
 
 学校教育 
 すでに特区での 株式会社立の大学の設立 
 あるいは 雇用の継続性が保証されない教員の存在
 ・・・私もその1人である、非常勤。
 職責は正規教諭と同じなのに、いつどうなるかわからない常勤。
 コスト的に常勤・非常勤を活用せざるを得ない現場。
 その反面 ヒトの道に外れた事をやり
 明るみに出てマスコミをにぎわせる奴
 闇に全部葬り去って 何事も無かったような顔をしてる奴
 基本法の条文がありながら
 その精神はすでにどっかへ行ってしまっている
 なんだか 辛い条文だったりします
[PR]

by gabefunyaa | 2006-04-29 11:11 | 教育談義 | Trackback(1) | Comments(4)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/4513935
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 朝鮮日報時事通信ブログ at 2006-05-13 13:14
タイトル : 中央日報 「韓日独島紛争時は勝利を壮語できない」ホ・ピョ..
中央日報 「韓日独島紛争時は勝利を壮語できない」ホ・ピョンファン陸軍所長 こんなことを言う陸軍所長も陸軍所長なんですが。日本は戦争する気なんてないってのに... more
Commented by rabbitfootmh at 2006-04-29 18:53
「私学の(ますますの)支援」とか、やる余裕なんてあるんだろうか? 私学を助成して、公立学校の教育が今より貧弱になる心配はないんでしょうかね?
「宗教的情操」なんてのも、「一億玉砕」とか「君に忠」とかの神道や儒教的精神がイメージされているようなんで、困りますね(^^;
Commented by gabefunyaa at 2006-04-29 21:34

>rabbitfootmhさん
余裕なあ・・・少なくとも大阪府には無いと思います(断言!)
兵庫県にもあるとは思えない・・・年々賃下げですもんw。
「一億玉砕」「君に忠」
そんなんが中心になったら私はパージされて失職です。困るなあ。
Commented by おりがみ at 2006-04-30 02:06 x
>幼保一元化
例の総合施設(子ども園構想)ですが、保育園の仲間内では困惑しております。とにかくコスト削減ありきで子どものコト考えてません。一元化はもうめんどくさいから「第3の施設」を作っちゃえというところでしょうか?
勉強不足ですが。逃げてばかりもいられない・・。
3歳児20人一人の保育士で見ろってのが今の最低基準ですが、そういうのも園の裁量で条件緩和?・・そういうの決めた人に言いたい。「あんたやってみなさいよ!!」って。
国基準の保育士配置だと低年齢児や長時間保育はやればやるほど人件費がかさむのでどんどん非常勤の保育士を導入せざるを得ない。
なかなか「外の世界」にはわかってもらえないジレンマです。
Commented by gabefunyaa at 2006-04-30 08:59

>おりがみ さん
働き方が千差万別になり 
さらには病気や家族の看護・介護で子育てができないケース
が多くなり
両親や保護者になりかわって子どもを育てる場所である保育所が
たいせつになっているっちゅうのに
安易に「就学前教育も義務化」(小1クライシスをなんとかするためらしい)
といわれてます。
保育所さまさまで子どもと育ってきたこっちとしては
・・・保育士の皆さんが安定して働いてくれたほうが子どもに良い影響が出る
っていう実感があるので、まずコスト削減て(怒)
少子化が問題だというなら、コストをたっぷり使ってよいはずなのに…。 

<< ヤード跡地を巡る動き 建さん、あんたってヒトは・・・ >>