イベントとしての夏祭りというものを

 近所にある 伊丹シティホテル
 =春・夏ともに甲子園の出場校(埼玉県代表・三重県代表が使ってくれている)=
 の前の広場で 海の日を含む連休に 毎年やっているのだが

 盆踊りっていえば ふつう 
 それっぽいローカルの音楽がありますよね
 でも
 いまは(関西では)お盆とは全然違う時期なわけでして
 まあ とりあえず 盛りあがれば良いかな,という選曲になってるわけですわ
 正直・・・よりによってそれかよw
 ちょっと前にかかっていたのは 六甲おろしでした
 なぜか 盆踊りの太鼓の音色も一緒になって聞こえてくる
 所詮は商業的な夏祭りイベントだとはいうても
 ねえ
 さらには 時間帯によっては
 (ここ、関西だってば!と叫びたくなる)
 東京音頭が かかっていることもありまして

 阪神タイガースファンでも 東京ヤクルトスワローズファンでもないので
 にたにた笑うしかないです




 甲子園観戦にいって 直前に買い物する人の姿を見たり
 ふつーに
 街中に六甲おろしが流れていると
 ああ
 なんか 異国の地にいるみたい(おおげさ)と思ってしまいます


 兵庫県生まれの兵庫県育ちとはいうても
 関西弁らしきものを使うようになったのは
 ここ14-5年(就職してから)のことでして
 学生の頃までは
 但馬弁しかしゃべれんかったです
 (但馬弁:兵庫県の方言の1つではあるものの
 アクセントそのほかによる分類では
 上方方言ではなく,中国方言の1つになる。)
 
 関西弁らしきものを使い
 関西の食習慣になじむよりも前に
 カープ(あのころは、ずいぶん強かったよなあ)になじんでしまったのも
 無理からぬことですな、うん。
[PR]

by gabefunyaa | 2006-07-15 17:23 | あれこれ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/5269299
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 少子化対策,現場の声を聞いてか... インサイダー的な楽しみとしての... >>