同じニュースなのに論点が変わるのはなぜ

見出しを見て そう思った 
児童虐待:被害数128人と「最悪」 上半期・買春も増加
(エキサイト社会ニュース:元ソース MSN 毎日新聞)
虐待児童18・5%増/若い両親の虐待目立つ
(ソース イザ! 産経新聞)

 んで ちょっと「イザ!」さんの記事に 突っ込んでしまった。
 群馬県で実父(25)と実母(28)が長男(3)のしつけと称して殴るけるの暴行を加えたうえ、水を張った浴槽に放置して死亡させるなど、若い両親による怒りにまかせた犯行が目立った。
 えーっと
 1966年生まれの私の目から見ると 28歳の母親で子どもが3歳なら
 全然 若い親の範疇には入らないんですが。
 だって 24か5で出産しているわけでしょ?
 (私たちの世代なら クリスマスケーキ説とか いうてましたやん。
 25にもなって独身ってのは・・・とか言われるという事は
 20~23で結婚 第1子を 21~24くらいで出産 ってのが
 正統派の女のコの生きる道だ と されていた
わけで)

 若い母親というと 17歳くらいで出産したとか思っちゃうよ。

 それともなにか
 いまの20代半ばは まだ 子どもなのか(ありえないとも言いきれないが・寒)

 うーむ。
 少子化対策に若い世代に援助を とか
 厚生労働省のお役人は主張するけど
 その結果 被虐待児童が増加したらどうするんだろうか・・・
 どっちかというと
 子どもの人権を考えたら
 セレブ主婦に 頑張ってたくさん子どもを産んでもらうほうが
 ええんではないのかなあ

 児童買春(あるいは児童ポルノを購入)する
 阿呆なお兄ちゃん&おっちゃん
 元極楽とんぼ山本のことを あざける資格は
 あんた達には無いぜ。
[PR]

by gabefunyaa | 2006-08-03 14:31 | テーマトーク | Trackback(1) | Comments(4)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/5406657
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 二条河原落書 at 2006-08-03 16:53
タイトル : 「子供を作るな、とは言えないご時世だし・・・?」
今、政府は年金収入と税収を減らさないために、「産めよ増やせよ」と言ってるわけですが、せっかく生まれても、きちんと育ててもらえない子供が多いなら、誰にも彼にも無責任に「産め」と言ってはいけないんじゃないかと思ったりもします。 アメリカでは、青少年犯罪の増加がなかなか止まらず、打つ手も無く困っていたそうですが、人工妊娠中絶を合法化したら、犯罪が激減して、「あら、ビックリ!」ということになったそうですし。 ◇同じニュースなのに論点が変わるのはなぜ  〔(まめ)たぬきの雑記 2006-08-03...... more
Commented by at 2006-08-03 16:18 x
生き抜いて思春期すぎたら放火か金づちで報復。。。

親になっちゃいけない親が多すぎるなぁ。
避妊くらいしろってのよ。
Commented by rabbitfootmh at 2006-08-03 17:08
「若い親」と見出しをつけたのは産経(イザ!)だけみたいですね。
記者かデスクの思い込みが強いんでしょうね(^^;
Commented by toratore at 2006-08-03 23:23 x
児童虐待が増えたとか大騒ぎしてるけど、
今まで見えてこなかったものが見えてきただけで、
現実の数字と統計の数字が近づいただけだと思う。
Commented by gabefunyaa at 2006-08-07 21:34

>凹さん
>親になっちゃいけない親が多すぎるなぁ。
おっしゃるとおりで。
本来 子どもと接しているうちに
親としてのあり方を学べるはずなんですけどね
>避妊くらいしろってのよ。
えーと安易に人工妊娠中絶をするのは、未婚の若い子ではなく
むしろ30代・40代の女のヒトであるというのが日本の傾向です。
ま、ましゃか避妊の方法を知らないとか…(爆)
> rabbitfootmhさん
産経(イザ!)の思い込みの強い、記者かデスクは 
ええ年齢した祖母に虐待されて死んでしまった三歳女児の事件が
起こった事についてはどう思ってるんでしょうかね。
> toratore さん
まあそういう見方もあるかもしれませんが
すくなくとも私が10代の頃は、いまでいうところのネグレクトかな・・・
ってのはあっても
死ぬまで殴ったり水につけてぐったりさせて、しつけだ、などということで
児童相談所が大童となることは無かったですよ。

<< さすがは黒。 ほぼ週刊・四国アイランドリーグ... >>