幼い子どもを道連れにするしかなかったんだろうか

「二条河原落書」さまの記事
 ◇東尋坊で保護翌日に母子3人自殺
 〔nikkan sports.com 2006年8月6日〕
 の事件のニュースを取り上げ
 福井県の東尋坊は、「自殺の名所」の汚名を返上するために、ボランティアが見回りをしたり、監視カメラを取り付けるなどして、地域全体で「自殺防止」の取り組みをしていることで有名ですが、そのボランティアのせっかくの努力がその後きちんと活かされなかったということは、日本の社会全体に、自殺を予防するための知識や体制がまだまだ整っていないことを示しているようです。
 と 意見を述べられていて
 ああ そうだなあ
 と思っているところに
 このニュースだ
飛び降り:9階ビル屋上から 女性と女児死亡 名古屋*
 続報が8日朝出ていた
 主婦は持病に悩み、精神的に不安定だったという。
 ・・・え?
 自殺を予防するための知識や体制があれば救えた命なのではないか
 さまざまな 効果があるんだかどうだか という 事業にばら撒く金額の一部
 もうちょっとましなことに つかえないのかよ

 
 
 
 どうも
 ここのところ 
 自殺が報道される事が多いなあ
 とりわけ
 見知らぬ他人同士の練炭自殺
 母子無理心中
 が
 多いような気がする
 
 前者は一昔前には無かったものだが
 後者は あいかわらず数が多い
 なぜ こうも 死ぬんだろう
 なぜ 子どもを道連れにする事を考えるんだろう

 私の身内の昔話ではあるが
 写真屋を営んでいた父親が
 事業の失敗からか 行方知れずになり
 生活できなくなった母親も 姿を消した
 残された子どもたちは
 他人の家に 別々に 養子としてもらわれていき
 いろいろあったかもしれないが
 それなりに生きている
 いまだったら
 おそらく 母子無理心中してた かも しれないような状況だ
 昔の世の中のあり方を 悪く言う人は多いが
 イエを存続させるためだけでなく そのほかの理由でも
 あちらこちらの家庭で 他人を養子・養女とする事は行われていたので
 実の両親では無い親(もちろん血縁関係も無し)に
 育てられる人も多かった
 ・・・なので戸籍が実際の血縁関係を反映していないケースも多かった(苦笑)
 で
 そういう親だからといって 虐待するなんていう事も無かったらしい
 やれやれ
 ここのところ
 弱者が生きていきにくい世の中になっているのは
 退廃して行く 社会の傾向 なのか
 それとも 国のトップの考え方が
 自由に競争させ 強者が生き残れば それで良い というものだからなのか


 *身元を確認できる所持品は無かった
 個人としての 証明書を そもそも、何も持っていない ということ
 幼児を抱えている女のヒトの場合 ありえますね
 
[PR]

by gabefunyaa | 2006-08-07 17:12 | あれこれ | Trackback(1) | Comments(8)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/5434489
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 介護保険で学ぶ at 2007-09-04 19:54
タイトル : 介護 保険 特定 疾病
なんやかんやと高齢化社会の日本。寿命も長く、とてもいいことではあります。やっぱり長生きしてほしいし、いつまでも一緒にとも思います。ただ、長生きしても元気でいてほしいと願うのも、仕方のないことかもしれません。介護に当たる人の、家族の負担は予想以上に大変です、大変だと思います。それが、期限付きではないので(当たり前ですが、相手は人間ですので)想像を超える長い戦いになるかもしれません。そんな中に介護保険の制度があるわけですが、介護保険という名前は聞きなじみあっても、詳しい内容となる...... more
Commented by antsuan at 2006-08-07 19:48
どうもこの頃の何事にも逃避するような社会風潮を見ていると、日本人は戦う事を拒否した羊のような動物に成り下がったような気がします。弱い動物社会に果たして平和はあるのでしょうか。
Commented by rabbitfootmh at 2006-08-07 23:21
TB&引用をありがとうございます。
私の父方の祖父は(写真でしか知りませんが)、遠い親戚筋から養子に入った人だったそうです。で、父の兄弟4人は、長兄の母親は若くして亡くなったので、下3人の母親は後妻さんの子供です。さらに、その後妻さんも早世したので、長男のお嫁さんが、まだ未成年の義弟たちの母親代わりだったとか(嫁いできた義伯母は、「そんなの聞いてないよー」状態だったらしいです)。
ほんの一世代前が、そんな状態だったとは、信じられないですよね。
今は、物理的にも精神的にも「きれい」でいることを強いられる社会なんでしょうかね。

>身元を確認できる所持品・・・
私自身は、23歳の時に運転免許を取得して以来、“身分証明書”で困ったことはないですが・・・他には健康保険証くらいしかないですもんね、主婦だったら。
Commented by ぢょや at 2006-08-08 00:25 x
今日のNHKニュースの介護保険改正の特集を見ながら、家人が一言「弱いものは早く死ねって政府が言ってるみたいね」との感想。
確かにそう感じることもあるのですが、なんとか生きていくだけならいろんな方法があるのも事実。「生きにくい」と感じる理由はなんなのか。何がそんなに苦しくさせているのか。楽天的思考になれない何かがこの国にはあるようです。何に追い詰められているんでしょうね。
死んだら終わりジャン、ってこと、もうちょっと考えないとなー、って思うんですが、積極的に生きていく意味も見出しにくいんでしょうかねぇ。
Commented by gabefunyaa at 2006-08-09 08:30

>あんつぁん さん
動物の社会では情け容赦なく弱いものから死んでいきます。
人間社会は,弱いものも一緒に生きていくところに良さがあると思うんですけどね。
闘おうという気分になれるのは,「強さ」がいるようです
学力が低い,と世間的に分類される高校の生徒
口を開けば「どうせ俺たち○○高生だもんね~」と逃げを打ちますが
そんな暇があったら,学業以外の分野でもエエから,なんか努力せえ!
たぶん逃げを打っていたら,親がもっていて(あたりまえのように)
彼らが持てると期待する所得ランクには届かないんですよね、現実として。
☆>rabbitfootmhさん
>今は、物理的にも精神的にも「きれい」でいることを強いられる社会なんでしょうかね。
ああ、そうかもしれませんね。
ごった煮BLOGの主催者には生き難い(笑)です。
そしてその「きれい」の基準も1つになりつつあるような。
一億で同じ方向に進むっての、あんまりよろしくないと思うのですが・・・。
多様性・他者との違いを認めるのが八百万の神々のまします日本の良い点では?
Commented by gabefunyaa at 2006-08-09 08:31
☆続き
>ぢょや さん
本当に政府のやり口は
・・・障害者自立支援(どこがやねん!)法、リハビリ日数の上限設定、
広く薄く確実に税金を収奪しようという税制変更の方向性
>「弱いものは早く死ねって政府が言ってるみたいね」
とも聞こえますね。
積極的に生きていく意味,深く考えると出てきませんが
子ども時代に身体が弱く(なのに名うての悪童w)、20代にうつ状態を経験 と
他のヒトが楽しんでいた頃あんまり良い思いをしてないんで 
その分取り返したれ!というのが、私にはありますね。
見返してやる、失ったものを手に入れてやる、と思うタイプの人間、
減ってるかもしれませんけど…。
Commented by りさ・ふぇるなんです at 2006-08-10 14:46 x
>多様性・他者との違いを認めるのが八百万の神々のまします日本の良い点では?

この辺のエエ加減さが最近失われてますね。マスコミの影響でしょうか?
ブログやっててもちょっと間違っちゃったら驚くほどの「正さ」を突っ込まれて悲しくなる事があります。こんなブログなんだからそのくらい許してくれよ・・と(^^;)

>その分取り返したれ

私もそのクチですが、そういうのがかっこ悪くなってきたんですかね。
子育てが母親中心で他者(親父や近所の大人さえも)が入り辛い環境も影響が大きいと思うんですが、どうでしょうね。。

Commented by gabefunyaa at 2006-08-10 18:43

>りさ さん
エエ加減さが失われ過剰に「正しさ」が求められるのは御指摘の通り
>子育てが母親中心で他者(親父や近所の大人さえも)が入り辛い環境
の影響かなり、あると思います。
自分たちと価値観が同じグループ内での正しい事が
唯一正しい事として行動するのはやめてくれ~。
子どもにその価値観を押し付けるのもやめてよ、迷惑だからさ。
そして妙に熱心なんですよね,
いつも子どもに向き合っているはずなのに,子供に理想を持つ母親って。
保育士さんとの二人三脚(いや、おんぶにだっこか?)で就学前まで
そして小学生になってからは周りの大人の皆さんの力を借りて育っていってる子どもたちをおいおい、たいがいにせえよ、と見ている悪い親である私が言うのもなんですが・自爆

さて、多様性をもたないとやってられないのが へたれ野球ファン
(相手に対する寛容な心をもたないと、大量増殖中の阪神ファンもどきと同質になりかねない) ですから多様性を保てる趣味 が あって良かったと思ってます。
Commented by gabefunyaa at 2006-08-10 18:45
☆続き
そうそう,Mさんが
http://kirakira6.blog11.fc2.com/blog-entry-1280.html
寛容な心のないヒトには、攻撃性の強いタイプも多い点を取り上げてらっしゃいます。めっちゃ参考になります。御一読を。

<< お知らせです 高校生 育成ドラフト導入 正式決定 >>