旧・宮家とのつながりでもあるんだろうか?

女系天皇容認見直しも 安倍氏、旧宮家復活案挙げ [ 09月15日 15時21分 ] Excite エキサイト : 政治ニュース
御本人には,もうしわけないんだが、ふとタイトルのことを思ってしまった。
皇族ではないので普通のヒトとして 普通に結婚している人達なので
ちょっとこのヒトは 「人間離れした存在として扱うのはちょっと・・・」という配偶者が
いる可能性だって大いにあるわけだしねえ

男系維持の具体的方法については、旧宮家の復活や旧皇族による現宮家の継承などを挙げた。
そもそも、旧宮家っつっても、江戸時代にすでに存在していた分と,
明治新政府がピックアップして作り上げた分とを一緒に語る事は望ましくないような…。
旧皇族による現宮家の継承
こっちについては 
東くにの宮(昭和天皇の娘の嫁ぎ先=孫にあたるひともいる)
くにの宮(昭和皇太后の実家)
あたりが
昭和天皇の系列である宮家を引き継ぐのであれば、
親類筋が入って「イエ」というか「マツリ」を引き継ぐ
(たしか高松宮さんは有栖川の「マツリ」を引き継いでいたはず)のと
合致するので そんなに違和感はないんだが
普通のヒトとして 普通に結婚している人達が皇族になることをよしとするんでしょうかね?
・・・私にはよくわかりませんが。

皇族や天皇って 時代によっては めっちゃ貧乏だったらしいです。


なお、江戸時ですが男系が途絶えそうになったとき
中継ぎの女帝(後桜町女帝でしたかな)を とりあえず立て
幼少の男皇子の成人を待った ものの、
彼も皇女のみを残して早世
残された直系の皇女に 傍系の王を娶わせ、
傍系の王が 即位したことがあるそうです
(残念ながら 皇女との間に男児は生まれなかったのですが)
[PR]

by gabefunyaa | 2006-09-18 11:45 | テーマトーク | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/5706970
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ここまで扱いが大きいとは 台風13号…おそろしや >>