で、オチとしては・・・

などと 先読みしてしまう自分がいる。

<国旗国歌>都教委の「強制は違憲」東京地裁が判決 Excite エキサイト : 社会ニュース
判決では、「国旗掲揚、国歌斉唱に反対する者も少なからずおり、このような主義主張を持つ者の思想・良心の自由も、他者の権利を侵害するなど公共の福祉に反しない限り、憲法上保護に値する権利。起立や斉唱の義務を課すことは思想・良心の自由を侵害する」と判断。
 さらに、「通達や都教委の一連の指導は、教職員に対し、一方的な一定の理論や観念を生徒に教え込むことを強制することに等しく、教育基本法10条1項で定めた『不当な支配』に該当し違法」と指摘した。


この判決について
かなり キイキイ言う内容の
BLOGとおぼしきTB、
たくさん元のニュースページに見掛けますが・・・
そんなに過剰反応しなさんな,って(苦笑)
オチとしては・・・ええとこ 逆転敗訴、
下手したら一審判決破棄で差し戻しだね。
だって判決の根拠法規である、
教育基本法10条1項そのものが
控訴して裁判が長引いている間に
消滅させられちゃう可能性だってあるじゃないですか。

「当然控訴」と石原都知事 国旗国歌訴訟でExcite エキサイト : 社会ニュース

控訴する理由にしている事柄が意味不明w
平均的なレベルの高校を見たが、(生徒は)先生の言うことを聞かない。規律を取り戻すため、ひとつの手だてが国旗国歌への敬意だと思う
ん?教員への信頼感(あるいは敬意)がなきゃ
国旗国歌への敬意があっても
(生徒は)言うことなんか聞くわけないでしょ?
日本語がふらふらするこの御老体、ほんとに小説家なのかよ・・・。

・・・あ、いちばんキイキイ言うてるのは
このヒトかもね。
「人間として国旗・国歌に敬意を表するのは法律以前の問題だ」
(公の立場にある人がこういう言い方をするのは・・・問題だよな)
そして
これ
も強烈。ま、産経さんだからw

さて、ざーっと読んでみたTBの中で
日の丸や君が代に反発する人は日本人をやめてくださいという意見もありますが
それ
日の丸や君が代が軍国主義を想起するから嫌だ!というのが極論であるならば
同様に極論なんですよね。

「日本人をやめてください」って・・・いうのはね、
センセーショナルに釣りを目指すBLOGであるのなら
目的にかなったタイトルだといえるけど,
ちょっと考えようや、他のことも。
国籍がなかったら非常に困ること
(無国籍児の問題がありますよね)
日本に居住していても日本国籍の無いヒトがぶちあたる壁
・・・そのために性格がゆがんで嫌なやつになったコリアンも実在しますぜ・・・
ちゅうのも見て
もうちょっと
「誤解を招かないようなタイトル」をつけて欲しいなあ。
感情論として そっちに傾く人が居ることも 私は否定しない。
でも
日の丸や君が代に教育現場が反発するのは
太平洋戦争を経験した世代の元・教員を身近に知っている私としては
うんうん、そりゃそうだよね、ってことなんですわ。
[PR]

by gabefunyaa | 2006-09-21 22:11 | 教育談義 | Trackback(10) | Comments(25)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/5729584
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from かめ? at 2006-09-21 23:21
タイトル : 日の丸・君が代の強制は違憲! 気になる2点
下のエントリーのコメント欄にkuronekoさんが書いてくださったとおり 都教委が教職員に対して出した「入学式や卒業式で国旗に向かって起立し国歌斉唱するように義務づける」通達は違憲、との画期的判決が、東京地裁で出た。 東京都側は控訴の方針を表明しているし 地裁レ....... more
Tracked from 散歩道 at 2006-09-22 00:32
タイトル : そんなに日本が嫌いなら
国旗国歌>都教委の「強制は違憲」東京地裁が判決  入学式や卒業式で日の丸に向かっての起立や君が代斉唱を強制するのは憲法で保障された思想・良心の自由を侵害するとして、東京都立高の教職員ら約400人が都教育委員会を相手取り、起立や斉唱の義務が存在しないことの確認を求めた訴訟の判決が21日、東京地裁であった。難波孝一裁判長は「強制は違法、違憲」と判断し、起立や斉唱の義務がないことを確認したうえ、一人当たり3万円の慰謝料の支払いを命じる判決を言い渡した。  都教委は03年10月23日、都...... more
Tracked from 某赤い国Life at 2006-09-22 10:53
タイトル : 国歌斉唱の義務ない
「国歌斉唱の義務ない」教職員の訴え認める 東京地裁判決 正気の沙汰じゃないな... ... more
Tracked from 薫のハムニダ日記 at 2006-09-22 10:54
タイトル : 純潔系…?
ツッコミどころ満載すぎて、すでにいろんなところでツッコまれていますが、今日はこのニュースを。 以前、コメント欄で村野瀬玲奈さんが教えてくれた「KISS ME」という「君が代」の替え歌について、 腐れカルト新聞世界日報の次に逝っちゃってる 産経新聞が『「君が代」替え歌流布 ネット上「慰安婦」主題?』という記事にしています。 なんでも紙上ではトップ記事扱いだったとか…。 他にもトップで扱うべきニュースはたくさんあるだろっ。 さすが産経新聞です。 さらに、高橋史朗・明星大教授による ...... more
Tracked from 日日光進 at 2006-09-22 12:37
タイトル : なんばすっと
自国の国旗国歌に、敬意を表するのは、 世間・世界の常識。 ましてや子供達を、教え導く人々が・・・、 ええっ、あんたら日本人? 日の丸見るのも嫌、君が代歌うなんて飛んでもない。 ならば、外国人にでもなるってぇの? こんな判決出す判事も、 ○×○×者? 裁判長っ!   「日の丸に なんば判決 下すかねっ」 (因みに、その人の名、難波孝一裁判長)  by素朴な国民心情国旗国歌:都教委の「強制は違憲」東京地裁が判決  画期的な判決...... more
Tracked from 妄想to悪口 at 2006-09-22 22:47
タイトル : 「当然控訴」と石原都知事 国旗国歌訴訟で
入学式や卒業式での国旗国歌の強制は違憲と判断した東京地裁判決について、石原慎太郎都知事は22日の定例会見で「当然控訴します。あの裁判官は都立高校などの実態、現場を見た方がいい」などと述べた。  石原知事は「平均的なレベル... more
Tracked from 涼風庵(奉祝!親王殿下ご.. at 2006-09-23 12:25
タイトル : またネット右翼認定来ました‐国旗国歌通達問題
別に加納は教師に思想信条の自由を認めていないわけではありません。もちろんそれはあるのだけれど、職務においては制約されるのだということです。勤務時間外に反戦運動の街宣活動をしようが、創価学会の活動をしようが自由でしょう。しかし、勤務時間中にそれらを持ち出す..... more
Tracked from みんななかよく at 2006-09-24 11:07
タイトル : 教室に星条旗
保守派雑誌などでは、昔から、「アメリカの教室には星条旗が掲げてある。日本では国旗に対する尊敬が足りない。国として欠落したところがある」などという議論がありました。 また、「世界では国旗を侮辱したら処罰される。日本の現状はは世界で非常識」といった説もよく載ってい... more
Tracked from 薫のハムニダ日記 at 2006-09-26 16:07
タイトル : やっぱりあの判決は“常識的”でいいんだ
先日の「日の丸・君が代 強制違憲判決」について理解できない方が多いらしいのです。この判決を支持する立場で書かれたブログに見当違いなコメントを書いていらっしゃる方をよく見かけます。別に東京地裁は「日の丸・君が代が違憲」と言ったわけではなく、「日の丸・君が代を強制することは違憲」という判決を下したにもかかわらず、ですよ。 で、そのへんの違いを高橋哲哉教授がわかりやすく解説しているので、翻訳してみました。(よく考えたらこの文章は元々日本語で書かれているんでしょうけど、それが韓国語に訳されていて、さらに...... more
Tracked from 薫のハムニダ日記 at 2006-09-27 10:45
タイトル : 都教委への緊急要請賛同署名のお願い
華氏451度さんから届いた「国旗・国歌問題」都教委への緊急要請署名をにご協力お願いします。署名集約期限は9月28日(木曜)正午です。 国歌を歌うことを強制されるような教育でいいんでしょうか?みんなと同じで安心ですか? ********** 以下転載 ********** <都教委への緊急要請賛同署名のお願い> 賛同署名の集約先→youseishomei@yahoo.co.jp 21日の東京地裁判決、原告・弁護団・支援者の皆さんのがんばりが生んだ勝利だったと思います...... more
Commented by gegenga at 2006-09-22 11:21 x
私は君が代や日の丸よりも「強制」に反発する者なのですが、このあたり、理解いただけない方にはどうしても理解いただけないようで。
それにしても。
産経新聞は、いつも期待を裏切らないなぁ(笑)
Commented by antsuan at 2006-09-22 14:37
もし原告の中に神道の結婚式をした者や神道の葬儀に参列した事がある者がいるのであれば、訴えそのものが偽善ですね。
Commented by gabefunyaa at 2006-09-22 17:53

> gegenga さん
たしかに「強制」のほうが怖い(言論封殺などと根っこは同じですモンね)
産経新聞、お楽しみ頂けたようで何より。
>antsuan さん
思想信条がしっかりなくて、ふらふらしてる奴が日本人には多いので
「いる」かもしれませんよ。
私は君が代を斉唱するヒトなので、
労働組合関係の知り合いにげげっ!という顔をされますが
言われてみりゃ「起立せず斉唱もしない」ことを強制するのもよくないわけですw。
Commented by kuroi-mazin at 2006-09-23 00:41 x
(まめ)たぬきさん、こんばんは。はじめてお邪魔します。

おすすめのTB、拝見しました。なかなか勇ましい発言がならんでいます。東京地裁の判決は、あくまでも「強制は違憲だ」という判決であって、日の丸・君が代にダメ出しをだしたもんではないのですけど…。何か、ヒステリックです。

わたしは、個人的には日の丸・君が代は拝みたくありません。しかし、拝みたいと思っている人の権利は邪魔しません。それと同じように拝まない権利を認めてくださいって言ってるだけなのですが…すぐに「非国民」呼ばわりされてしまいます。

産経の「主張」も読みましたが、突っ込みどころが満載で、「さすが産経!」とうなってしまいました。こんなことで広島のことを産経なんぞに持ち出して欲しくないです。怒りを通り越して、情けなくなりました。

落ちとしては、(まめ)たぬきさんが仰るよう二審で逆転敗訴の可能性が高いですね。教育基本法・日本国憲法の改悪と同様、どうしても阻止したいと思っています。

またちょくちょく寄らせていただきます。同じくカープファンのようですし、そちらの方でもよろしくお願いします。

ちなみに…わたしも「非組」でございます。
Commented by giants-55 at 2006-09-23 11:02 x
書き込み有難うございました。

個人的に、君が代の”曲調”は好きです。しかし、詩の内容には疑問を感じます。まあ、天皇制が好きじゃないというのが背景に在るのですが(笑)。日の丸と同様に君が代も複雑な歴史を背負わされていますよね。天皇の名の下に戦争に送り込まれた人間が居たのは事実で、その象徴が日の丸や君が代で在った事を考えると、これ等に嫌悪感を持つ人間が居るのは自分も理解出来るんです。本当は自国の国旗や国家に愛着を感じられないというのは不幸な事だとは思うのですが、歴史を顧みるとそうなってしまうのも致し方ない部分は在るかなと。

「国家が嫌いなら日本を出て行け。」まあ、釣りの部分は在るのでしょうが、心底そう思っているならどうかと思いますね。自分の信条や思想の異なる対象は、全て排除するというのではナチス・ドイツの思想と何等変わりません。例え異なる思想&心情で在っても、感情的にならずに議論し、それが明々白々な違法事項で無い限り、御互いの立場を尊重し合うというのがまともな人間のする事ではないかと思うからです。
Commented by giants-55 at 2006-09-23 11:03 x
学校の荒廃が言われて久しいです。その要因は幾つも在り、それが複合しての荒廃だと思うのですが、その最たる要因はやはり家庭内に在るのではないかと思っています。幼児期から、最低限の躾&社会常識を親が教えるのを放棄し、散々甘やかしている家庭が少なくないのではないかと。それを学校に全て「何とかせい!」と押し付けるのは筋違いだと思うし、そんな根本的な部分が出来ていないのに、国家&国旗の崇拝を義務化した所で、荒廃が直る訳は無いと思うのですが、思考が戦時中のままでストップし、人を押さえ付けるのが大好きな某都知事には、そんな事すらも頭には浮かばないのでしょうね(苦笑)。

近年、一審で或る意味画期的な判決が下されるケースが増えていますよね。若手の裁判官が担当している事も影響しているのでしょうが、残念ながら上に進むとその判決が否決されるケースも同様に増えている気がします。
Commented by giants-55 at 2006-09-23 11:03 x
最終的にどういった判決が下されるのか注視して行きたいと思いますが、自身の得意分野には(内容が無いものの)雄弁に語るのに、自身に都合の悪い事項にはそれを報じたテレビ局の番組に出演しないといった対応をして来た安倍氏が首相になる事で、言論の封殺傾向が増すのではないかという懸念を覚えます。

書き込み戴いた件ですが、理屈から言えば定刻に間に合えばそれはそれでOKなのでしょうが、世の中不測の事態が何時起こるか判らないもの。交通渋滞や電車の遅れなんていうのも在るので、やはり30分前とは言わない迄も、早めに着く気構えは必要だと思います。間に合うかなあといらいらして動くよりも、気持ちに余裕を持って動いた方が、精神衛生上も良いですしね。
Commented by ガルバルディΘ at 2006-09-23 15:17 x
横槍失礼。
どうも公立校における国旗掲揚&国歌斉唱は「公務員の職務」である、ということを理解しようとしない向きが反対派には多いと感じられてなりませんが(職務は思想に優先するものですし)。
私立校のケースなら話は別ですが。
Commented by gabefunyaa at 2006-09-23 19:29

>ガルバルディΘさん
行政職そのほかの国家公務員の皆さんも、なにかあるときには 国旗掲揚&国歌斉唱を「公務員の職務」として、なさってるんでしょうか?
私はそのへん疎いんで・・・
(公立学校教職員は、地方公務員でありながら、多くの点で国家公務員に準ずること、になっていることは知っていますが)
もしも国家公務員には求めていない,というのならば、ちょっと妙かと。
そして
私が現役大学生で教員採用試験を受けていた頃には
「公立校における国旗掲揚&国歌斉唱」は職務でもなんでもなく
やってもやらんでもどっちでもええこと、でした。
そのころ&それ以前に教員になった人間にしてみれば、
強制されるのはなじみがたいだけではなく、
太平洋戦争中を想起させて非常に気持ち悪いものであることも御承知おきいただきたいです。
>giants-55さん
国家&国旗の崇拝をしない奴は日本人ではない!と言いきる若い層の中にも
気に入らない学校のルールや、つまらない授業は適当に流していた
というヒトが、かなりいるような気がしてならないのですが・・・。
そのあたり石原都知事は多分調べもしないで発言してるんでしょうね。
Commented by gabefunyaa at 2006-09-23 19:35
☆ >kuroi-mazinさん
いらっしゃいまし。
広島といえば、そちらの(詳細覚えてない・・・)学校で昨年だったか,労働問題があったときの支援の署名、・・・連合系組合員の広島大学教育学部出身の人、なぜか私のところへは回してくれませんでした。つったく非常勤をなめてんのかよ(笑)
これからもよろしくお願い致します。
Commented by 伊東勉 at 2006-09-23 19:58 x
 お晩でございます。伊東です。
 この裁判に関しては色々な意見を目にしますが、本当に「反発する人は~」の部分には疑問に思っています。疲れます。見るだけで。
 それに、この「国旗・国家」の強制をみていると、教育の主役が「生徒」ではなく「国旗・国家」ならびに「それをシンボルとした国家」とされているのが納得できない所です。特にそれが現れているのが障がい者教育の部分で、実行されているかどうかは分かりませんが「どんな状態にある人も、国旗・国家に向かって立たせろ」というような事も都教委で話されていたとか聞きます。
 なんにしろ、息詰まる社会というのは嫌ですね。近く「バトルロワイヤル」と絡めて、この件書いてみようと考えています。

 お願いがありますが、gabefunyaaさんのブログとリンクをつながせてもらってもよろしいでしょうか。ご考慮をお願いします。

 今日もおじゃましました。失礼します。
Commented by ガルバルディΘ at 2006-09-24 02:38 x
>管理人殿
行政関連の国家公務員の例は知りませんけど(入学式・卒業式に該当するような行事がないですし)、論理的には国家の運営を携わっている以上は職務となるでしょう(それこそ反国家的活動を行政面で展開されては洒落になりませんし)。
ただ学校という場は教育の場ですし、世界においては各国の国旗・国歌を互いに尊重しあうという慣習がある以上、国際マナーとして国旗・国歌の尊重を教えることは、他の公務員以上に重要な仕事と言えるでしょう。残念ながら拙者は組合勢力の強いトコで育ったので全く教わる機会がなく、危うく海外で恥をかくところでした。
管理人殿がいつ教員採用試験を受けられたのかは分かりませんが、もしその頃の雰囲気が仰る通りだったとすれば、何とも怠慢な風潮だったというか、(貴殿達とは別の意味で)薄ら寒い時代だったのだなあという印象しかおきません。ただ確かに今以上に左翼勢力が盛んだった時代だったから「さもありなん」ってことなのでしょうか。
(続く)
Commented by ガルバルディΘ at 2006-09-24 02:39 x
あと貴殿初め反対派の傾向として、どうして直ぐに我が国の国旗・国歌が「太平洋戦争と結びつく」という発想に結びついてしまうのか、拙者らの世代からすれば実に不思議に思えてならないのですけど。
もしやこれこそジェネレーション・ギャップってヤツなのでしょうか。拙者などはむしろ君が代程牧歌的な歌詞の国歌を他に知りませんのですが(「ラ・マルセイエーズ」「星条旗よ永遠に」「義勇軍行進曲」等々、殺伐とした語句が含まれたりしてますし)。
あとこのブログは野球ネタが中心のようですけど、高校野球や日本シリーズなんかでも試合前に国歌斉唱は当たり前のように行われている現象はどのように思われるのでしょうか(この件にしたって観客に対して「ご起立下さい」というアナウンスが入りますが)。
というか、「強制」反対が趣旨なら、何も「太平洋戦争云々~」なんて理屈を持ち出す必要も無いように思えてならないのですが。
Commented by gabefunyaa at 2006-09-24 09:42
☆>ガルバルディΘさん
>拙者らの世代
すんません、おいくつなんですか?
お若いのだとしたら、やはり身近にいる戦時経験ありの元教員のいうように「戦後の民主主義教育は仏作って魂入れず」だということだし。
年齢が上なのだとしたら「戦前の教育は一貫していた」ってことですな。
なお。私は反対派ではなく「日和見派」です。
世間には反対派だと思われているので,国歌斉唱して怪訝な顔されてますけどね。
>試合前に国歌斉唱は当たり前のように行われている現象はどのように思われるのでしょうか
当たり前、ではなく、ントラルリーグの試合では行われるのは特別な時(シーズンはじめなど)だけです。
いつもやられると、これであれこれ揉めている事を思い出してそっちで不愉快な気分になりますが。
スポーツはナショナリズム(パトリオッティシズム、ではない)と結びついているんだな,と思うわけですわ。

牧歌的な歌詞・・・ま、蛍の光に比べればマシですけど、
「れきが集まって岩になり、それの上にこけが生えるまで」というと数万年!
サイボーグ化されてるんかい、とへんな突込みをしてしまう今日この頃。
Commented by gabefunyaa at 2006-09-24 09:52
☆>つづき あ!セントラルリーグの「セ」が消えてるw
>入学式・卒業式に該当するような行事がないですし
あれ?入社式に相当する新人がやってくるときの行事は無いんですか?!かなり大量採用すると思うんですけどねえ、一種から三種までだと。

>びーいとうさん
>どんな状態にある人も、国旗・国歌に向かって立たせろ
そ、そんなむちゃくちゃな。
障がい者では命に関わるケースもあるってのに。
声が出せない人の場合も叱責や処罰の対象だとしたら、ひどい話ですね。
リンクの件了解です。

国歌・国旗をすべての国民に強制、なんていってられるのも
内戦状態じゃないからですよね。
そしてこの話、60~70年代の安保闘争のころだったら、どうだったんでしょうかな。
若者の考えが右よりになっているんで反対が無い頃に持ち出しているんだとしたら、政府もなかなかやりますなあ。
Commented at 2006-09-24 11:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gabefunyaa at 2006-09-24 11:22
鍵コメントさん
・・・それって「小泉首相には政治家としてのセンスが無い」って聞こえちゃいますけど。
Commented by ガルバルディΘ at 2006-09-25 02:29 x
拙者は30代ですが、自分が小中学生の頃だと文壇・思想界はニューアカブームの頃でしょうか。この頃は6~70年代程ではないにしろ、未だ左派勢力が圧倒的な力を持っていたのは間違いないでしょう。
先生の言うことは得てして真面目な人ほど鵜呑みにし易いので、その当時は(今から考えれば)堅物だった拙者はモロに影響を受けてしまったもんです。但しこの当時に国鉄改革があって、組合勢力の横暴ぶりを目の辺りにしながらも、その時の左派教師や某大新聞なんぞは擁護しまくって責任を全て政府側に押し付けていた姿を見て、何かおかしいと思い始めた訳ですが。
元教員氏が「戦後の民主主義教育は仏作って魂入れず」と仰られたとのことですが、拙者にしてみれば(貴殿には悪いですが)その当時の自分に疑念を抱かせたタイプの教師と同じニオイを感じなくもありません。そうでないにせよ、日教組・全教の方向性に結局問題があった、というのが拙者の感想です。
Commented by ガルバルディΘ at 2006-09-25 02:48 x
入所式(とでも呼べばよいのかな?入社式にあたる行事は)のことですが、入学式・卒業式と違って組織運営に直接関わる人材を迎える会ですから、入学・卒業式とごっちゃにすると変かなと思ったもので。

「国旗・国歌『強制』問題」って、拙者的な感覚にしてみれば教育界への左派イデオロギーの浸透に始まる反国家権力志向が強まったことで、「自由」の濫用とでもいえる現象が相次ぎ教育界全体への混乱を招いてしまったことが背景にあると認識しておりますが(他方では結局「学級崩壊」という形で現れてしまっておりますし)。
この場合だと「国旗に背を向ける自由」「国歌を歌わない自由」でしょうか。個人的な心情として否定するものではありませんけど、その心情を職責に優先させるのは如何なものか、という訳です。結局国旗・国歌の尊重という世界的コモンセンスを知らずして損するのは、本来の学校の「顧客」とも言うべき学生達に他なりませんし。
Commented by hamnidak at 2006-09-26 16:14
こんにちは。
『靖国問題』の著者、高橋哲哉氏がハンギョレにこの判決に関する文章を書かれていたので翻訳してみました。
でも日本人が日本語で書いた(であろう)文章が韓国語に翻訳されて韓国の新聞に載っていて、それをまた私が日本語に訳す、とミョーな労働力(?)を使っているような・・・。
Commented by hekomiimo at 2006-09-26 20:48
おちかぁ〜〜。まぁそくるんだろうなぁーー。

この前、深夜に規律業務違反の家庭科教師や反戦運動してる女性のドキュメントしてましたわ。
家庭科の先生が言うとりましたが
「日の丸・君が代は好きですよ。でも歌えっ立てって命令されてやるのは嫌なんです。」

日の丸に感動し、君が代のメロディーに熱くなる。
そういう時、日本人なんだなぁ〜って思います。こんなわたしでも。

そんな時もあるけど、「立て、立たないと処分するぞ」って言われたら「やだね」ってのがわたし。

だいたい「命令」のために日の丸・君が代があるんじゃないのになぁ。
Commented by gabefunyaa at 2006-09-27 21:20

対応が遅れてすまんこってす。
>ガルバルディΘさん
ただし、学級崩壊とかはイデオロギーとは全然無関係の問題ですよw
国歌斉唱・国旗になんの違和感も持たない(導入されてかなりになりますもんなあ)いまの世代の方が学級崩壊ひどいですから。小学生の親御さん達も、多数は私の世代よりあなた様の世代ですから、自分尊重主義の方が中心かもしれませんし。
なんでもかんでもイデオロギーで括るのは論が行きすぎです。
んで、服務宣誓するのに、その対象である国の象徴とされている国歌国旗なしで、国家公務員の新人のヒトはOKなんですか?・・・うーんなんか釈然とせんなあ。 
>国旗・国歌の尊重という世界的コモンセンス
そうかもしれませんが、学校でそれを「強制する」のは珍しいようですよ。

Commented by gabefunyaa at 2006-09-27 21:22
>(長すぎるとエラーが出たので続き)
あ、そうそう不真面目人間の私が実感している事ですが
>先生の言うことは得てして真面目な人ほど鵜呑みにし易いので
1つの刷りこみから逃れた時は、それとは反対の主張がやたらと正しいかのように思えるものです。御用心のほどを。
また、ええ加減でないヒトのほうが「木を見て森を見ず」になりがちです。
例えば、私の中学時代の阿呆英語教師(教材研究1つ、ろくにしやがらない!お蔭で独学で文法の初歩を理解する羽目に)は労組のヒトで、こいつのために学力がつかなかった人がたくさん出てますがw、すべて労組所属者が教員としては悪い奴ではないのも事実。
なお、こいつの息子(民青)が高校では生徒自治会の秩序をぶち壊そうとするので、私は、それを権力側で抑えこむ活動もやりました。そういう経歴のある私を左側一辺倒の人間だと思ったら、そりゃ単純過ぎる二分論で・・・それこそ危険思想です。
Commented by gabefunyaa at 2006-09-27 21:25

>ハムニダさん お疲れ様です。翻訳はキツイですよね。
>凹み さん
>「日の丸・君が代は好きですよ。でも歌えっ立てって命令されてやるのは嫌なんです。」
けだし名言かな。
歴史の上でのトンでもないいきさつを背負ってるので、
命令がおかしな方向に行かないように見張ってなきゃだめですよね。
Commented by お上は やりたい放題 at 2006-09-28 17:38 x
>教育基本法10条1項そのものが
>控訴して裁判が長引いている間に
>消滅させられちゃう可能性だってある

ホント、公権力はやりたい放題出来る仕組み作りが得意ですよね。

今の衆議院議員だって、
時の首相が「郵政民営化に賛成か反対か一点で選べ」って
国民に押しつけた選挙で選ばれた人たちですもんね。

いつの間にか、その「数の論理」のまま、
「憲法改正」も「教育基本法改正」も押し切られちゃいそうで、
コワイです。

こんなとき、弱小国民は、どうすりゃいいんでしょうかね。

<< 故障者を優遇する制度には慎重に ほぼ週刊・四国アイランドリーグ... >>