終わりの始まり

黒田を巡る報道についての話しが長くなったので 
論点が変わったところで別エントリにしました。

※10月30日追記あり

広島の条件提示(前エントリにあり)を見て
・・・他球団の条件提示(ってタンパリングだよな、はっきりと!)
報道してる愚か者があったら 楽しみだな
って日刊スポーツかよw
『黒田の阪神入り濃厚、意思関係者に伝える』
総額4年12億円を上回る4年13億円(ともに推定)の球団史上最高条件を検討
同時に こんな記事もWEB上にはあるし
『阪神は黒田が正式にFA宣言するまでは静観する姿勢を強調』
(といいつつ、4年13億円って書いてあるw)終わってますわ,日刊スポーツ。

ファンが読んで不愉快な気分になるだけじゃないんですよね。
『黒田、報道に不快感…去就に関して「変化はない」』(スポニチ大阪より)
「こういうことを書かれると色々な人に迷惑がかかる。関係者にしゃべったことはあり得ない」。
先日 デイリーが 
黒田本人に 先走った報道に不快感を示された後
少し (阪神に絶対移籍する、という論調から)トーンダウン しましたが
果たして日刊スポーツは どうすることやら

選手との信頼関係あってこそ 記事が書けるはず。

「ここ」追記部分
広島黒田「練習集中できん」
相変わらずの日刊スポーツより(苦笑)
・・・あんたらのせい、で集中できんのでしょうが。

猛省せい。


祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。
沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理を現す。
奢れる者も久しからず、ただ春の夜の夢の如し。
猛き者も遂には滅びぬ、偏に風の前の塵に同じ。
遠く異朝をとぶらうに、秦の趙高、漢の王まう、
・・・これらは皆旧主先皇の政(まつりごと)に従わず、
楽しみを極め、諫(いさ)めをも思い入れず、
天下の乱れん事をも悟らずして、民間の憂うる所を知らざりしかば、
久しからずして亡びし者どもなり。
近く本朝を窺うに、承平の将門、天慶の純友、康和の義親、平治の信頼、
これらは奢れる事も猛き心も、皆とりどりなかりしかども、
間近くは六波羅の入道前太政大臣平朝臣清盛公と申しし人の有様、
伝え承(うけたまわ)るこそ、心も「詞(ことば)」も及ばれね。

[PR]

by gabefunyaa | 2006-10-30 17:58 | 野球談義 | Trackback(1) | Comments(0)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/5943028
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 今日のカープは~♪ at 2006-10-28 18:11
タイトル : 今日、気になった野球の話題
僕自身シーズン中よりこの時期の話題の方が関心が高いので、ブログ更新の頻度もあがっていますけど、とりあえずドラフトが終わったらまた冬眠に入ると思います。 なんかのぶたさんがカープ公式戦最終戦の感想の中に、「冬眠にはいる人もいますが・・・」と書かれていて、冬眠という言葉を使ってブログを休止するバカは1人しかいないんじゃないかとおもいつつw。 まあそんなわけで、今のところは気になる話題が多いのですが、リンクを貼っていってその後に感想を書く事にします、ピックアップする数も多いですし。 黒田FAか残留か...... more

<< 日程に無理がある… いや、もう大変っすよ >>