ちょっとまて!問題はそこじゃなかろう?


思っているヒトが メンバーの中にもいらっしゃる という事ですね
教育委の機能強化へ検討 政府、未履修拡大に対応Excite エキサイト : 政治ニュース
政府は2日、高校必修科目未履修やいじめ問題の拡大を受け、教育再生会議(座長・野依良治理化学研究所長)を中心に、各地の教育委員会の学校現場に対する指揮監督機能を強化する方向で検討に入った。
 再生会議に設置された分科会の8日の初会合で両問題の経過について担当者から報告を受けた上で本格論議をスタートする。12月8、9両日には1泊2日の「合宿」も予定。従来の主要課題である教員免許更新制と併せて集中討議し、その成果を来年1月の中間報告に盛り込む構えだ。
 ただ安倍晋三首相が「教委のチェック機能が働くよう在り方について早急に議論する必要がある」と強調している一方で、政府内や再生会議有識者メンバー間では意見の幅があり、集約に手間取る可能性もある。


くんくん・・・
臭う
くさいですよ。

国民の世論を
やっぱり
任命されるタイプの教育委員会*が 
しっかり学校をチェックしなけりゃだめ!
って方向に 誘導し
そして
その教育委員会は 
文部科学省がきちんと統制しなければって方向に
ドサクサ紛れに世論を形成しようっていう臭いが しますですよ。

おやあ??
未履修が問題になっているのは事実だけれど・・・
現行法の下では
公立高校については
教育委員会の教育過程編纂へのチェック機能は及ぶけど
私立高校については、チェック機能は及ばないはずでは?
ということは
内容変更は(教育基本法に留まらず)
細かい教育関連の法規にも及ぶ ってことなのかな?
私学の独立性 というものがあるから
(宗教教育が行える、ことからもわかるとおり、公共性は有るものの
国公立の学校とはその特質が異なるんですよ)
揉め事の元になるんちゃうかな…。

というわけで
首相の思い通りに あっさり集約させず 延々と議論してもらってても良いですよww

*任命制の教育委員会
地方自治体の長が教育長や教育委員を任命する
どうしても
行政からは独立しきれない難点がある
それに対し 公選制の教育委員会
(アメリカの制度はこっちらしい)は
住民が選ぶ ので 行政から独立している
東京都中野区には 他の地域で任命制になった後も生き残っていた

いまは 公選制の教育委員会は 絶滅してしまっているらしい。
[PR]

by gabefunyaa | 2006-11-02 20:58 | 教育談義 | Trackback | Comments(4)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/5973399
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ぢょや at 2006-11-03 14:03 x
未履修問題、前々からあったはずなのに、今さら、さらにこの時期に問題になるなんて、すっごいおかしい気がしております。やっぱり教育基本法改正への布石ってことなんですかねぇ。
それにしても犠牲になった(というのもちょっと違う気はするけど)補修を大量に受ける高校生はかわいそう・・・。
Commented by gabefunyaa at 2006-11-03 16:09
☆>ぢょや さん
コメントありがとうございます。
未履修問題が前々からあり,県の教育委員会がうっかり見過ごしていた件が神戸新聞にでていました。
http://www.kobe-np.co.jp/kobenews/sg/0000156095.shtml
しかし
それにたいする私立高校側の言い訳が(苦笑)
>今回、『絶対守るもの』と指摘されるまで『(学習指導要領に)準じていればよい』と理解していた。
>認識が甘かったことは反省するが、通らないならそう言ってほしかった。
当該高校は野球で有名どころです。
今年はたまたまドラフト指名はでなかった(プロ志望者がいなかったかな?)
のですが、指名者がいたらスポーツ新聞ですごい話題になっていたはずです。
高校生も気の毒ですが
授業を担当する羽目になる教諭&常勤講師もとほほです。
私は非常勤講師なので無関係(・・・年間の担当できる授業時数に上限が有るから・・・)ですが、いまの職場、私の担当教科の1つである理科がひっかかって未履修扱いになってしまったので、同僚の先生たちは多忙になります。
Commented by woodstock at 2006-11-03 16:48 x
ほんとにそうですね。まったく、安倍政権になってますます美しい国ではないですね。自殺してしまった高校の校長先生も、あまりに気の毒です。みんな鬱屈して我慢するのではなく、例えばフランスなら、昨年にあったような仕事場の解雇規定をめぐる問題から、高校生を含んでの抗議運動が全国を席巻していたのかも!  高校生は、大学受験でそれどころではないって?  まあ、そこはフランス革命の国なのでしょうが、日本だって例えば幕末の志士たちが聞いたら、ああ、自分たちはこんな国を作るために燃えたのではないのにと悔しがるでしょう。
Commented by gabefunyaa at 2006-11-05 12:45
☆>woodstockさん
日本人の「長いものには巻かれろ」特性ですね(苦笑)
学習指導要領の科目設定+必修かどうかの区別も書き方がわかりにくい。
私のように教員採用試験浪人の経験があり、たびたび改訂されたんで
「教職教養のペーパーテストの内容,覚えなおさんならんがな!」と
絶叫していた人間でもない限り頭に入って無いでしょう。
うーん、いまの高校生は社会の有り方云々に興味の無い
(個人の生活でいっぱい一杯)幼ないキャラクターが多いので、
抗議運動とか盛りあがらないのかも・・・。潜在的には不満みたいですが。

<< やっぱり地震だったか ほぼ週刊・四国アイランドリーグ... >>