ファン感だのドラフトだのにこっちが現を抜かしている間に

正常化へ国対委員長会談 野党、集中審議を要求Excite エキサイト : 政治ニュース

何時の間にやら
主権者である(はずの、一般)国民の預かりしらぬ密室で
重要な事柄が 先へさきへと進んでいるようで
ものすごく 気分悪いです。
与野党が正常化に合意すれば、改正案を審議する参院教育基本法特別委員会の委員長を同日中に互選し、22日から特別委で審議入りする見通し。

こんどこそ 時間ギレに持ちこむくらいの姑息な手段を発動させてくださいよ(苦笑)

え~と
教育基本法とは全然関係無しに
人間(のする経験)や街角が 日本のどこへ行っても
どんどん均質化していっていること の 気持ち悪さ について
職場で「学の有る同僚」と話をしていたのですが
どうも
違う考えの人間を徹底的に排斥しよう っていう考え方がのさばってきたのは
全体主義的国家の誕生(19世紀)と 連動しているようです

こんなは要りませんな

正しいとされていることと 違う考えをもつ人間が育つ
のを阻止しよう という 方向に向かっては アカン のですな。

って書いてる矢先
すでに
「正しいとされていること(経験的に胡散臭い事が多いw)と 違う考えを持つ人間が育つ
 となると
 その手助けをしているのは
 特定の政治性をもつ人間だ キイキイ」
という困ったちゃん出現 の出来事が起こっております。(こちらを御参照下さい)
あ~あ、やだやだ。
[PR]

by gabefunyaa | 2006-11-21 17:59 | テーマトーク | Trackback(2) | Comments(2)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/6075291
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 薫のハムニダ日記 at 2006-11-21 18:18
タイトル : 反動の嵐が吹き荒れようとも
11月20日のハンギョレ新聞に掲載された高橋哲哉教授のコラムです。 これまでの高橋教授のコラムは希望が見出せるような一文で締めくくられていることが多かったのですが、さすがに今回はちょっとブルーが入っているようです。 でもこんなことぐらいでヘタってられません。 blogbluesさんも今日のエントリーの最後で 「ファシズムの風が、棚引いている。吹き荒れる前に止めなければ。 僕らの力で。ブロガー諸君、自由のために戦おう。」 とおっしゃっています。 たとえ“反動の嵐が吹き荒れようと...... more
Tracked from かめ? at 2006-11-21 22:12
タイトル : 世界一周や意見表明する中学生が嫌いな人たち
11/17、水葉さんのところに未来は明るい!というエントリーが立った。 北海道にある私立中学の子どもたちが、アベさんに「教育基本法を変えないで」という意見書を送った、という記事。 これを読んだわしは「あらあら、若いのにしっかりしていてえらいわねぇ」と、いかにも...... more
Commented by おりがみ at 2006-11-22 16:18 x
保育所の全園完全民営化のカウントダウンが始まったなぁと思っていたらこれだもの・・・。凄い時代になったものです。

後継ぎを育てつつ自らも闘う、おお(泣)、まるでプロ野球の兼任監督のような私の仕事・・とか言ってみる。
Commented by gabefunyaa at 2006-11-23 10:29
☆>おりがみさん
>凄い時代になったものです
まったくねえ・・・。
高校生、上から抑えられる。
抑えつけない人間のことはなめてかかって
(目先自分に関係ない授業ならば)何をしても良いと思っている、
ってのが増えてきていて授業がやりにくいです。
とりあえず義務教育化は彼らのためにもならん。
一般教養としての授業(数学も理科もそういう性格が強い)を受けるのが面倒なら,その衝動の根源にある「目先の満足だけを追い求める生活」の危険性,について調べる科目があってもいいかな、って。

別の部署で論議され出した,学習指導要領。
未来を担うために生徒に必要になる科目ではなく,体面を取り繕う,あるいはそれこそ特定の思想を押し付けるための科目を導入するのは止めて欲しいなあ…。

<< ドラフトから一夜明けて ストーブリーグ始まったので、お... >>