絶対におれは生まれ変わる。

おかしい。
そんな事考えられるのはオカシイ。
<中2男子自殺>マンションから飛び降り 埼玉・川越Excite エキサイト : 社会ニュース

”うつ”が若年者に増えているのも事実だが
(しかも、単純な抗うつ剤投与で治らず、
行動療法そのほか,認知機能のひずみにも手をつける事が必要なタイプが多いみたい)
死んだら
自分の思うが通りにリセットして生まれ変われる 
と いう思いこみは
宗教心の有るものから見たら、オカシイ。

宗教は阿片である という言葉を残している人間がいるが
まったく宗教心を持たないと
”転生”に対するイメージが安易なモノになってしまうんかもしれん。

自殺すると霊魂は救われず永遠にさまよう といった
ある意味オカルティックなメッセージのほうが
自殺防止には役に立つんかなあ…。





生きててもしゃあ無い と思った事ならある。
(中学生の頃の話だ。どうも中学生はそういう年代らしい。)
しかし、死んでしまったところで
・・・なんか、ええことあるか?と思った。
生きていれば3月につく郵便貯金の利息を確かめられるぞ、と思った。
高金利時代にはそういう妙な事が生きるための力になるのだw

ちなみに
理由もなく死にたくなったこともある。
もちろん、うつ状態のときだ。
単純に 抗うつ剤が効くタイプ だったので 
通院治療したら もののみごとに ころっと治った。

治りやすいヒトというのは
・理系=精神科の薬の薬理作用を受け入れ服薬中断しない
・女=現世に対する執着があるからか
らしい。
[PR]

by gabefunyaa | 2006-12-09 21:12 | テーマトーク | Trackback | Comments(1)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/6167162
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by canbee-2nd at 2006-12-10 09:49
外国のように先祖代々プロテスタントとか、カトリックとか、宗教心がある家は宗教にすがるのも良いかと思いますが、無宗教がいきなり「どこか信じろ」になるとカルト教団に走るのだと思います。難しいですね。
今ある三大宗教も、布教が始まった当時は迫害されカルト並みに思われてたことをかんがえると、カルト教団も一概に悪いとも思えないきがするのですが・・・(汗)

<< 宮地克彦、富山サンダーバーズの... 日本一早い゜07順位予想 >>