閣僚は処分されず・・・

タウンミーティング責任の取り方に差Excite エキサイト : 政治ニュース
問題となったTMを開催した当時の担当閣僚の責任は不問のままで、さかのぼって処分された官僚との差は歴然。政府内には「不公平感が残る決着」(内閣府関係者)との声も漏れている。

参考までに
高等学校の履修漏れ問題ですが
そのような履修の仕方を始めたころからの歴代の学校長にさかのぼって処分せよ
だそうです。
「教育委員会に統治機能がない」ことが問題である
というのが文部科学省の言い分のようなんですがw
んじゃ
都道府県の教育委員会と知事
そして彼らを上から指導するべき立場にあった
歴代の文部官僚 そして文部大臣の責任は取らなくてよいんですかね?
[PR]

by gabefunyaa | 2006-12-17 10:39 | テーマトーク | Trackback(1) | Comments(0)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/6203237
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from かめ? at 2006-12-17 21:50
タイトル : タウンミーティングに関する、なんら根拠のない推理
風邪気味で調子悪いなあ、などと思いつつ ビールをがばがば飲んだのが悪かったのか、16日の土曜日 珍しく熱を出して寝込む。 というか。 わしの場合、ちょっと具合が悪いといくらでも眠れるのよねぇ。 昨日も1日に30時間ぐらいは眠ったな(算数は無視)。 で、眠....... more

<< 年の瀬ということで PC買い換えた >>