やっぱり 「こういうこと」は ある わけで

 雇い主としての監督責任には
 頬っかむりするような体質が
 あるんかもしれません。

女性ファンに乱暴 オリックス元球団社員に損賠命令(神戸新聞)

 参考文献 「おっかけの法則」(『ベースボール短編集』さま、より)


 下に引用している ニュース本文 を見ていただいてもわかるとおり
 誠意を示すような振る舞いをしても
 ・・・そのあと 最後まできちんと筋を通しきる
 ってことが
 できない集団 なのかもしれません。
 普通 参考文献に挙げている記事にあるとおり
 球団側が きちんと 球団職員のあり方を コントロールして
 こういう事態が起こってしまうことを
 未然に防ぐものなんでしょうけどねえ。

 中村紀洋選手のことにしても
 「誠意を示すような振る舞いをしても
 ・・・そのあと 最後まできちんと筋を通しきる
 ってことが
 できない」
 がために 話が ややこしくなった のかもしれませんね。
 誠意なんかないよ って わかりやすく出しておけばよいものを。



元社員は〇一年ごろから、選手を見ようと合宿所を訪れていたファンの三十代主婦に、選手を引き合わせたり、チケットや非売品グッズなどを無償で提供したりするようになった。
 〇四年五月、元社員は主婦に夏休み親子観戦チケットの勧誘販売を依頼。翌六月、主婦にチケットを引き渡す際、無理やりホテルに連れ込み、乱暴したという。主婦は球団を通して強く抗議したが、元社員は事実を否定した。
 また、当初は「チケット販売中の事案」として、球団が事実確認などの調査にあたったが、「本人が否定している以上、これ以上追及できない」と途中から態度を保留。事実関係が確認されないまま、〇五年三月末に元社員を解雇した。
 主婦は元社員を相手取って提訴。〇六年六月、被害の事実を認め、元社員に慰謝料などを支払うよう命じる判決が確定した。同年八月、元社員は主婦に謝罪したが、球団からの連絡はなかった。
 主婦は「言葉にし難い精神的苦痛を受け、試合も楽しめなくなった。社員の業務の中で受けた被害なのに、かかわりを避けている球団の姿勢は納得できない」と話している。

[PR]

by gabefunyaa | 2007-01-21 09:46 | 野球談義 | Trackback(1) | Comments(2)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/6366594
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from あしたはあしたのかぜがふく at 2007-01-21 21:53
タイトル : オリックスの行く末
女性ファンに乱暴 オリックス元球団社員に損賠命令[神戸新聞] プロ野球オリックス球団の男性契約社員が二〇〇四年六月、 親子観戦チケットの勧誘キャンペーンに協力したファンの女性をホテルに連れ込んで乱暴し、 〇六年五月、民事裁判で二百四十五万円の損害賠償を命じる..... more
Commented by りさ・ふぇるなんです at 2007-01-22 17:29 x
>夏休み親子観戦チケットの勧誘販売を依頼

そもそもこのこと自体問題なんじゃないかと・・・
近鉄沿線が生活圏ですが、近鉄が素人さんを使ってチケット勧誘したなんて聞いたことないし・・。
商店街でもの買ったらついてきた程度で。
Commented by gabefunyaa at 2007-01-22 18:08

>りさ さん
確かに・・・素人さんを使っての勧誘って・・・なんか怪しすぎる~(苦笑)

でも無料チケットまいていっぱいにするのが常套手段なので・・・。

<< 帰宅して 見たニュースが・・・ 特定の食品を食べてやせる、のか... >>