法律の謎。

Excite エキサイト : 社会ニュース

日本国憲法を新しいものに!と
首相は必死こいて 旗振ってるみたいなんですが

その下位にあるはずの法律
これ
・・・明治時代:大日本帝国憲法下 のものを
ちょこちょこ手直しして使っている
 (法律条文の日本語が 文語調で わかりにくい刑法もそうだし
  親子関係の推定を 嫡出子 が有利である という 前提の下に
  離婚・再婚 というときに 女のほうに 再婚禁止期間の制限を加え
  離婚後に出生した場合 前の夫の子と推定する日数がある
  という民法 も そうですよね)
っぽい面があるのを
先に何とかしたほうがいいんじゃないのかな?

憲法が変わると
もちろん
国のあり方が大きく変わるから 拙速はあかん
という思いがあります

戦後レジームからの方向転換
とかいうのなら
そのまえのレジームの色が残っている
法律を
役所の実務担当者にとって 納得のできる方向に改めることの重要性
軽んじてはいけない
んではないっすかね?
[PR]

by gabefunyaa | 2007-02-04 10:59 | テーマトーク | Trackback(1) | Comments(3)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/6431172
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from UNITED F.E at 2007-02-06 18:29
タイトル : タカ
興味深く読ませていただき、大変参考になりました。ささやかながら、「応援!!」ぽちっ♪... more
Commented by antsuan at 2007-02-04 23:44
下位の法律も古すぎますね、あまりにも。が、しかしやっぱり大本を直す方が先ではないかと考えます。百年以上も憲法を改正したことの無い国民を主権者とは呼べないと思うのです。
Commented by gabefunyaa at 2007-02-05 14:09

>あんつぁんさん

情けないことに 法治国家であるはずなのに
憲法にも法律にも全然興味関心のない 
とりあえずその日の生活ができれば良いや(国全体の経済活動にも興味なし)
という人々が多いんですよね。

まずは国民がちゃんと「法治国家」である、憲法および下位の法律で生き方が変わる、という認識を持ってから、国民投票を行わないと、ただのイメージでの投票では済まされませんよね。
そこのところ、首相にはわかっているんだか、どうなんだか(汗)
Commented by kawazukiyoshi at 2007-02-06 12:22
法律も憲法も、ちょっと気を付けていくのは大事ですよね。
確かに刑法、民法を含めて明治以来のものが残っているのですから
もっと大きく広く見なければいけませんねー。

こんなことを広く自由に話し合うことが出来ることこそ大事ですよね。

<< 北京代表枠をめぐる噂・憶測が ... 【きょうろぐ】北京オリンピック... >>