頼むから、立場をわきまえて発言してくださいな

<柳沢厚労相>「子供2人以上が健全な希望」記者会見で発言Excite エキサイト : 政治ニュース

厚生労働相じゃないおっさん政治家なら 単なる世迷い言ですが

えーと
非正規雇用 だと
育児休業はおろか 下手すりゃ産休もないわけで
いや
そもそも 妊娠の経過が悪い場合
休んだら 他の人間と首をすげ替えられる可能性もあるわけで

まず日々の生活を何とかすることを願う
それが
妊娠の可能性を持つ 女性の本音 じゃないですかなあ

あ、育児休業が取れる立場でも
産婦人科が分娩を受け入れていなかったら、ねえ。

労働問題 医療問題に 
厚生労働省として どう踏み込んでいくのかをお話いただきたいものです。

周りの人たちも 記者会見用の原稿、考えてやらんのかなあ。
訂正
政府の周りの人たちの 記者会見用の原稿も、
誰か ほかのひとが 考えてやらんならんですなあ。
自民党の片山虎之助参院幹事長は会見で「少子化阻止は大きな課題。子供は2人以上が望ましいというのはごく自然だ」と擁護した。
・・・(iza!より)おぃおぃ。せっかく国会正常化へ、ってのにさあ。
野党が出てこないように仕向けて、
自分たちだけで審議がしたいのかなあ。

正直、与党内部の人材不足にも 野党の戦術のなさにも 
・・・辟易してますよ(苦笑)
[PR]

by gabefunyaa | 2007-02-06 17:21 | テーマトーク | Trackback(12) | Comments(23)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/6442207
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from かめ? at 2007-02-06 20:25
タイトル : グーグル坊や・グーグル嬢ちゃんに亜種誕生か!?
いつどこのエントリーでのことだったか忘れるぐらい昔、コメント欄でアキラさんと アキラさん「単語にだけ反応する人っていますよね。グーグル検索か、みたいな人」 わし「あぁ、いますね。 行間読めとまでは言わないけれど、単語じゃなくて行ぐらい読めよ(笑)」 なん....... more
Tracked from かめ? at 2007-02-06 20:28
タイトル : あ〜ぁ、まただよ・・・
わかっていないだろうなあ、とは思っていたが、やっぱり全然わかってないようだな、柳沢さん。 柳沢厚労相:「子供2人以上が健全な希望」記者会見で発言(毎日新聞) 今後の少子化対策については「結婚し2人以上の子どもを持ちたいという(若い人の)極めて健全な希望....... more
Tracked from ぽじとろんの落書き帖Ⅱ at 2007-02-06 21:13
タイトル : どうして、それが女性の尊厳を否定したことになるんだ?
柳沢厚生労働大臣は、少子化対策に関連して「若い人は『結婚したい、子どもを2人以上持ちたい』というきわめて健全な状況にある。そのような日本の若者の健全な希望に合った政策を出していくことが非常に大事だ」と発言したそうだが、それに対して野党は「女性の尊厳を否定する発言」だと反発したそうだ。 しかし、なぜこの発言が女性の尊厳を否定したことになるのだろう?... more
Tracked from 虎ときどき牛(奥の間) at 2007-02-06 23:53
タイトル : 「本人の意図」とかいうモンダイじゃないです
[http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070206-00000132-mai-pol <柳沢厚労相>子ども2人以上「健全」発言、波紋に拍車(毎日新聞)] オッサン、また言いよりましたか。困りますね、こういう不見識なオッサンは。 でもね、こーゆー話になると、「『2人以上子どもを持ちたい若者』を『健全』と表現したこと」のどこがいけないんだ、「子どもが2人以上いなければ不健全なのか」などという野党の反発は揚げ足取りだ、とか言い出すヤツが必ず出てくるでしょ...... more
Tracked from みどりの一期一会 at 2007-02-07 06:13
タイトル : 「子ども2人以上、極めて健全」柳沢厚生労働相また問題発言
長太郎百合とリコリスの球根を植えようと場所を探していたら、 アカバナトキワマンサク(紅花常盤万作)が咲きはじめているのを見つけた。 春に「まずさく」から、「まんさく」となづけたとか。 アカバナトキワマンサク(別名・紅花常盤万作・マンサク科)  昨年はたくさん花がついていたのだけど、今年はちらほら。    蜘蛛の足のような花弁が、ユニークでかわいい。 プリムラ・マラコイデスの濃紅も好きな花。 昔はこの花を秋から育てて、プランターに一杯咲かせていた。    今年は、玄関横に3株植えただけ。 この...... more
Tracked from dr.stoneflyの.. at 2007-02-07 16:44
タイトル : 「子供2人以上が健全な希望」…何が問題なんだ、わからん!!
 え、わて、今、何かおかしな事言ったか? この記者たち、なんで表情かわったんだろ? なんか嬉しそうにニヤニヤと笑っとるし。この前とおんなじだ。わて、今、おかしな事なんも言うてないよな。この前もようわからんかったけど、世間ちゅうのは訳わからんとこで「人の揚げ足」とるからな。そや、この前も喋りながら謝ったわけで。喋りながら謝ってもいかんというのが納得できないけど、煩いから、取り敢えず謝っとけっちゅことで「不適切な発言をお詫びしたい」って何遍も頭さげた。ほんまは「適切」で解りやすい例だった思うけ...... more
Tracked from A Tree at ease at 2007-02-07 22:46
タイトル : やっぱりだめだよ、柳澤さん
 共産党が独自候補を立てて自民党候補を当選させてくれたおかげで、仮死状態だった柳澤大臣が息を吹き返し、口を開くと、記者会見で若者が「結婚をしたい、子どもを2人以上持ちたいという極めて健全な状況にいる」と、何の反省もない発言。健全ねぇ。雅子さんの前でもいえるんだろうな? これでまた奥様にしかられるという話になりそうだが、きっこのブログによると、奥様は版画家だそうで、しかも政策秘書が版画の販売のとりまとめをやってるらしい。それは夫婦で政界錬金術ということなのだろうか。美術品の世界というのは値段があってない...... more
Tracked from スポーツ瓦版 at 2007-02-08 21:09
タイトル : 柳沢伯夫厚生労働相の失言
安部内閣の柳沢伯夫厚生労働相が「女性は産む機械」と発言し 今度は「子供2人以上が健全な希望」し野党の批判が噴出した 野党も大事な予算を審議拒否する古い戦法は嫌いで納得しないが 週末の選挙も1勝1敗で内容も接線だし安部内閣も危ないよ 俺は柳沢厚生労働大....... more
Tracked from A Tree at ease at 2007-02-08 23:15
タイトル : パンダにたとえてごめんなさいね
中国ではパンダは保護の対象というより戦略的輸出品として繁殖をさせている、と指摘する人がいる。 まあ仮にそうだとしても、増やして毛皮をとるというのでなく、各国の動物園で「かわいい」と言われ、中国への親近感を持ってもらおうと思うのであれば別に悪い話ではない。しかし、個体としての生命とともに種としてどこかで衰退に向かっていくようなしくみでもあるのか、繁殖力旺盛な生物と異なり、なかなか「やる気」になってくれない。  たとえば、なぜかメスのうち、一定数がどうしても産む気にならずオスを拒否するとなれば、繁殖の...... more
Tracked from お玉おばさんでもわかる政.. at 2007-02-09 09:22
タイトル : NHKスペシャル 日中戦争
最近、右派左派共に大人のご意見を述べて下さる素敵な方々が増えていて、お玉はとてもうれしく感謝してます。m(_ _)m さて、今日はこの夏に放送されたNHKスペシャル「日中戦争」をご紹介しようと思います。・・といってもお玉が批評するのではなく、右派左派の皆さんがこの....... more
Tracked from お玉おばさんでもわかる政.. at 2007-02-10 08:20
タイトル : 今夜はETV特集「焼け跡から生まれた憲法草案」
昨日お玉の観て〜のお願いに答えてくださて、早速のコメントを有り難うございます。m(_ _)mそちらのご意見ご感想もまだまだ書いて頂けたらと思いつつ・・実は今晩もう一つどうしても見逃せない番組があります。 ETV特集 22時〜23時30分 NHK教育テレビ 焼け跡から生まれ....... more
Tracked from ぷにっと囲碁!なブログ .. at 2007-03-09 21:02
タイトル : 少子化問題…もう「産め産め節」は止めませんか?
■「産め産め節」を唱える「産め産め族」  どうもです。都筑てんがです。  体調不良で、ここしばらくダウンしてました。  で、今回は、柳沢発言関連…ていうか、少子化問題の続きなんですが…。 出産を「生産性」と発言した菅氏 http://www.komei.or.jp/news/daily/2007/0207_08.html (略)菅氏は、愛知県知事選が告示された1月18日に名古屋市東区で演説を行い、「愛知も東京も経済がいい。生産性が高いといわれるが、ある生産性は、一、二を争う...... more
Commented by 何が問題なのか at 2007-02-06 18:04 x
(マスコミが)読解力に乏しいのか悪意を持って歪曲しているのかは分かりませんが、「結婚し2人以上の子どもを持ちたいという(若い人の)極めて健全な希望」と「子供2人以上が健全な希望」は意味がまったく違うわけです。で、実際の発言を何度読んでもなにが問題なのかさっぱりわかりません。そもそも「女性は産む機械」なんて意味合いの発言もしていませんし、この一連の騒ぎ(騒いでいる方)にはうんざりしています。
Commented by ironyt at 2007-02-06 18:59
騒いでいる方にも問題がないとは言いません。
野党もやっとこさ審議に出ましたが、あの
引きこもり時間は政治家として変です。
柳沢氏に関しては少子化問題や医療問題を
担当する大臣としては、相応しくないと思います。
機械発言もそうですが、講演中に「産む数は決まっている」とか
「一人頭で頑張ってもらうしかない」とかは、あまりにも
女性を小馬鹿にした発言ですし、子供を産み育てる
現場をしらなさすぎ。本人謝罪してるつもりな
んでしょうが、何が問題なのか心でわかっていないから
今回のような発言も出るのでしょう。
なんだか、だんだん哀れになって来ました。
Commented by gabefunyaa at 2007-02-06 19:05

ん?右上の注意書きをお読みの上の発言でしょうか?
>コメントについてのお願い
>”通りすがり”といった捨てHN誠実に対応せず削除する危険性が大きいです。
>またエキサイトBLOGにはコメントにタイトル欄がありません。
>タイトル?みたいなHNを使うのも(毎回毎回,別HNを名乗られるわけで不気味ですんで)極力止めてください。

で、いつもこの「何が問題なのか」というHNをお使いだという仮定の上でお返事させていただきますと、
>「結婚し2人以上の子どもを持ちたいという(若い人の)極めて健全な希望」
っていうのは、現実の若い人の脳みその中に存在する希望ではないのでは?
ということが このエントリの主張です。
結婚し2人以上の子供を持ちたい(と、考えてるのかどうかわかりませんがw)
ちゅうのは、不安定な非正規雇用の立場でやるには大冒険です。
お気楽に発言するのは、やめてくれっちゅうことね。
Commented by gabefunyaa at 2007-02-06 19:07
☆> ironytさん
いらっしゃいませ。
ご指摘のとおり、野党に「やる気」があるんだかどうだか、ってのも大問題です。
柳沢氏に適性がないんなら、与党も政府も もうちょっと脇を固めるということはしないんですかねえ。
(こっちも野党に負けず劣らず:やや皮肉:やる気がないのかもしれません)
Commented by gegenga at 2007-02-06 21:32 x
深い意味があるわけではないのですが(笑)、2つ、トラックバックを貼らせていただきました。
Commented by ぱち@たまに踊るblog at 2007-02-06 23:58 x
ご無沙汰しております。触発されて私も記事を書いてしまいました(笑)。
しかし、ホンマに懲りんやっちゃ、という感じですね。おかげで野球のない時期も退屈せずにすむ、とかいうレベルじゃ済まされませんよ……。
ところで、「子どもを持ちたいと思う度合い」と「『健全さ』の度合い」の関係は、「疑似相関」なんじゃないすかね(笑)
Commented by ジン at 2007-02-07 00:05 x
まず、今回の柳沢氏の発言は、「いずれ結婚する」と回答した未婚男女の希望する子どもの数が平均値で2人を超えた…という現実の調査結果を踏まえたものなので、これが「現実の若い人の脳みその中に存在する希望ではないのでは?」とケチをつけるのはちょっと柳沢氏に酷でしょう。
しかも、(雇用政策・経済支援等において)このような「健全な希望」にフィットした政策を政府が出していくことが(少子化対策として)非常に大事なことだと思っている…と柳沢氏は言っているのであって、これは(まめ)たぬきさんと同意見(少なくとも対立する意見ではない)と思うのですが…
Commented by みどり at 2007-02-07 06:17 x
gabefunyaaさん
TBありがとうございます。
コメントも興味深く拝見しました。
相互TB、させていただきますね。
Commented by gabefunyaa at 2007-02-07 07:13

>ジンさん
ご指摘ありがとうございます。
ただ、気になるんですよ。限定条件ついてるでしょ?”「いずれ結婚する」と回答した”って。
現実の調査結果、というのも、選択肢の設定方法によって何とでも変わります。
(参考文献『統計数字は嘘をつくーなぜ現実とずれるのか』)
Commented by ジン at 2007-02-07 10:12 x
現にそういう調査結果があるから、それを前提に答えたに過ぎないのに、限定条件が付いているからダメっていうのはちょっと…
ちなみに「いずれ結婚するつもり」が90パーセント、そのうち希望する子供の数が「2人以上」が85パーセントだそうです。
あと、選択肢の設定方法によって調査結果はなんとでも変わる…のは確かだとしても、漠然とそのことを理由に批判しうるとすれば、今後、様々な調査結果があっても、それらに基づいて発言することが不可能になってしまいます。
正直、ここまでくるともはや批判のための批判に過ぎないのではないかと思います。
Commented by gabefunyaa at 2007-02-07 13:36
☆>ジンさん
どうやら私の言いたいことと、すれ違ってるようですね。
おそらく、
「柳沢発言に対する」批判、のための批判である、とお読みなんでしょうが
そうじゃなくて、「統計数字」ってのは恣意的に作れるってこと。
調査結果に基づいて発言するのは不可能ではなく
所詮はある母集団の影響を受け、分析者の主観が入るんだ
ってことを言いたいんですよ。

あげていただいた回答選択肢の「いずれ」ってのが曲者ですなあ。
積極的に結婚したいと思っていない人でも
「いずれ」とあれば結婚するつもりという選択肢を選ぶかもしれません。
現代日本社会にいると、結婚することが健全である、という刷り込みを受けて成長するケースが多いですからねえ。

Commented by dr.stonfly at 2007-02-07 16:43 x
こんにちは、TBありがとうございます。
ワタシなんぞ、理由とか論理とか統計とか、全部うっちゃっても、あのオッサンの本質やら感性を瞬時に見抜き、ゲロゲーロを吐き出したくちで、擁護したり弁護したりするお方の感性も信じられません。って、のはきっと駄目なんでしょうね、鬱。
Commented by ジン at 2007-02-07 16:45 x
つまり、エントリーとコメント欄での返信とでは異なる事柄について言っている、話が変わっている、ということでしょうか…。エントリーは柳沢発言自体に対する非難だったけど、コメント欄での返信は、その前提となっている調査結果に対する疑問・批判に変わっていて、柳沢発言自体に対する批判ではないということなのでしょうか…。
Commented by gabefunyaa at 2007-02-07 18:36

>ジン さん
あなたのコメントを読んで
発言を擁護するために「調査結果を鵜呑みにして考えることの危険性」
があるなあ、と思ったので
参考文献を出したんですが、・・・余計な親切だったんですかね。

>現にそういう調査結果があるから、それを前提に答えたに過ぎない
という話、もともとのエントリには出てきておりませんですよ。
Commented by ジン at 2007-02-07 22:51 x
「調査結果を鵜呑みにして考えることの危険性」というのは、抽象的・形式的にはその通り。しかし、調査結果を踏まえた上での具体的な見解に対する批判としては、それだけでは実質的な意味がない。具体的・実質的にどんな危険があるのか示さないと。抽象的・形式的には批判として成り立つとしても、具体的・実質的には意義が認められない、それがまさに批判のための批判ですから。(私は今回の調査結果を踏まえた柳沢発言における国の少子化対策に具体的な危険性が生じるとは思えないんですよ。つまり実質的には意味のない批判ではないか…と、まぁこれはもちろん私の個人的な感想ですから、人それぞれということで…)
それと「もともとのエントリ」が何を指すのかよくわからないけど、この調査結果は2005年の人口問題研究所の調査のもので、柳沢発言はそういう調査結果を踏まえたものだったということです。(毎日新聞・朝日新聞)
では、お騒がせしました。
Commented by gabefunyaa at 2007-02-08 06:53

> dr.stonflyさん

柳沢氏がかりにこれで反省して実効性のある政策を立てる気になったとしても、厚生労働省の面々(高級官僚)が、今までどおりの調子だったら、何も変わらないわけですわ。
その辺について何にも突っ込まない政府・野党ともども「阿呆やんか」
あ~あ。
Commented by いっしん at 2007-02-08 22:39 x
横合いから失礼いたします。
私も今回の件、それほど大きな問題かと疑問に思うものです。
少なくとも糾弾が必要というような問題のある発言とは思えない。
以前の「機械」発言は論外であると思いますし、
その流れを受けての今回の騒動であると思いますが
ただ肝心な部分は
柳沢氏は「子供を二人以上もつひとが健全」等とは言っておらず
ましてや「二人以上の子供を持たないひとは不健全」なんて言ってもいないのに
あたかもそのような発言があったかのように扱われているのではないかと思えることです。
Commented by いっしん at 2007-02-08 22:40 x
なんとなれば、私自身も子供はおろか伴侶さえもまだ居りませんが
今回の柳沢氏の発言には何ら抵抗もありません。
「希望」としては子供二人以上、欲しいと思っているからです。
但し、諸般の事情で希望を叶える事は難しいと自覚もしておりますが。
実現が可能か否かはこの際別の話、
子供を持ちたいという希望を持つことは
自分が生物として「健全」であることの証明だと思っています。
まあ、発言が誤解を招きやすいものであることは事実でしょうが
ミスリードを諮って揚げ足取りの攻撃材料にしようとする
そしてそれに乗せられてしまうのはどうかと思えてなりません。
やるべきは、その希望を実現させるべくどのような施策を展開するかの論議への発展でしょう
Commented by gabefunyaa at 2007-02-09 07:11

>いっしんさん
「希望」ってのは人に「健全」かどうか判断される必要があるものではない。
という点が私との間の最大の意見の相違のようですね。
柳沢発言とは 離れてちょっとそれについて考えてみてください。

後段の
>やるべきは、その希望を実現させるべくどのような施策を展開するかの論議への発展でしょう
は、おっしゃるとおりなんですが
・・・BLOG上でぶつぶつ言うているわれわれよりも、
言葉の応酬になっている国会議員、そしてこの顛末をおそらく冷ややかな目で見ている厚生労働省の高給官僚たちにこそ、伝えないといけないメッセージですよね。(いままでの厚生労働省の失態の山を思うと・・・)
Commented by いっしん at 2007-02-09 23:44 x
ひとつだけ・・・
私は「希望」が「健全」と言ったとは思っていませんよ。
そのような「希望」が大多数に存在する「社会」は健全だといったものと解釈しました。
だからその一方で、そのような「希望」が叶わない「不健全さ」を
打開していくという決意表明、あるいはスローガンの枕だととりましたので。
だから個々のレベルで、「ひと」やその「希望」に
「健全」という言葉がかかるものではないと理解した
そこが相違かと思います。
それと、私の言った「希望」という言葉は、
「欲求」と言い換えたほうが適切かもしれません。
>「希望」ってのは人に「健全」かどうか判断される必要があるものではない。
これについては基本的に賛成ですよ。
Commented by gabefunyaa at 2007-02-10 11:30

>いっしん さん
了解しました。
・・・それにしてもレベルの低い国会議員連中(苦笑)。
こんなのしか選択肢がないことのほうが、この統計調査の選択肢(いずれ結婚するつもり/結婚するつもりはない)よりもひどい話かもしれません。
厚生労働省の若手たち(正規雇用で、世間の相場より安い官舎に居住していて、女の人なら産休・育児休業がとれる)が、多くの若い年代の人間にフィットした政策を実行するにはどうしたらよいのか、うまくやってくれることを願うばかりです。
Commented by 漢魂 at 2007-02-11 05:44 x
「子供二人以上~」は至極間真っ当な、健全な考え。
柳沢氏は厚労相にふさわしい。

元々、少子化は男女平等を唱えた女たちに責任があるのでは?
男と女が平等になどなれるわけがないのに、平等論を振りかざして男社会の中に踏み込んできた。
その結果が少子化、団塊世代のリストラ。
セクハラだって女が男と対等に渡り合おうとしなければ起きない。差別はあって当たり前。
男性には子供は産めないから、女に頑張ってもらおうという発言の何がいけないんだか。
子供を産みたくない、仕事したいと言う、わがままな女ばかりだと日本は滅びるんですよ?
更に生殖機能がない女なんて論外でしょう。罪悪感ないのかね?
少子化の原因は、女が役に立たないプライドを持って社会に出たせい。
なぜ女の責任を誰も追及しないのか。

言葉尻を捉えて柳沢大臣を攻撃している女はヒステリックで見苦しい。
だからいつまでたっても女はバカにされるのです。

柳沢大臣も石原都知事も森氏も当然の事を言ったまでで、その本質を見抜けないひと多いんですね。

妻と二人の娘を持つ父親より
Commented by gabefunyaa at 2007-02-11 09:39

>漢魂さん
え~と事実認識に重大な誤解があるようなので・・・それだけ指摘させていただいてよろしいでしょうか。
>セクハラだって女が男と対等に渡り合おうとしなければ起きない。差別はあって当たり前。
このBLOGの読者はほとんど信じてくれない(苦笑)のですが、
筆者=というかコメント欄の管理人である私、生物学的に、
そしてセクシュアリティとしては、女です。はい、2人の子持ちです。
が、ジェンダーは男。中学生くらいから、体育実技(もともと不得意だし、
女と男の生物学上の能力差は、セックスチェックでよく知られているとおり)
以外では ライバル意識を持った相手は、生物学的にも、セクシュアリティも
ジェンダーも男の面々なんですよね。
はい、どうなるかっていうと・・・
ご想像されているようなセクハラ体験がないんですわ。
そりゃ性的に猥雑な話もされるわ、研究室に張ってあるのはヌードカレンダーだわ
が、それがどーかしたか、の認識でした。

<< いっせいに昼休みというわけでは... 言葉にする、ということ >>