そら、そうやろ・・・

低所得層は受診も二の足 民間研究機関が調査Excite エキサイト : 社会ニュース
だって、
あの逆進課税的な国民健康保険料(税)じゃあねえ。

はい
年収200万程度の私だと・・・扶養家族がいないんで
 自治体による差はあるんでしょうが
 年15万ほどになる んですわ。
40過ぎたので 介護保険料もあわせて払ってるんで たまらんです
でも
(命にはまったく別状の無い)慢性疾患を抱えていたり、
怪我をすると簡単に化膿したり
傷跡がケロイドになる体質なので ちょっとしたことでも 
通院しないという選択肢は無かったり
近眼+乱視(そろそろ老眼も入るかな?)なもので
健康保険制度で 窓口負担金額を抑えるメリットがあるんですよね
でも
いつもたかが風邪程度
だとか
傷もきれいに治癒ってしまう人にとっては
年に15万も払いたくない のが 正直なところでしょう。

高額所得者に
国民健康保険料(税)の 上限 年100万程度 があるのは
納める税金<使う医療費
ってことなんでしょうが
・・・
医療費控除の上限が 200万円でしたよね?
その程度まで 国民健康保険料(税)の上限を 
引き上げてもいいような気がします。
1億円もらってたら100万も200万も 似たような はした金でしょ?
今の制度のままでは 低所得者層にとって
不平等感は なくならない ような気がします。
[PR]

by gabefunyaa | 2007-02-15 20:08 | テーマトーク | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/6484818
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ほぼ週刊。四国アイランドリーグ... 愛媛マンダリンパイレーツ出身の >>