ファン層拡大の難しさ(1)

私が子どもの頃は(1970年代)
サッカーをして遊んでいる小学生
というのをほとんど見かけた覚えがなかった

いまの小学生
草野球をしている子よりも
ずっと
サッカーをしている子 のほうが多い

小学生・中学生に訴えかける には なんだろう?
わかりやすいスターの存在かな
現実でもよいし
フィクションでも もちろんかまわない。

キャプテン翼世代ではなく
ドカベン世代である私には マンガの影響力って大きいな
という思いがある。
いまなら 魅力的なケータイ小説
にも
影響力があるんではないだろうか。


サッカーやそのほかのスポーツに比べ
野球は基本的な用具代に 費用がかかりすぎる。
そうはいっても
体一つでできる合唱部の数が少なく
高額な楽器を購入しなければ
(そして、自宅で練習しようと思えば
本来は防音室:これ結構高額!が必要なはずの)
吹奏楽部の数が多く 盛んな現実を見ると
かかる費用は 
いまの 子供のためには何だってやる親にとっては
別にどうと言うものではないのかも しれないが。
かけた投資を取り返そうという心が、
ひょっとしたら裏金の背景になっているのかもしれないけどな

[PR]

by gabefunyaa | 2007-03-18 23:08 | 野球談義 | Trackback | Comments(1)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/6620246
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by asagiyamagenta at 2007-03-19 01:01 x
マンガといえば、北信越BCLを水島御大が「ドカベン」シリーズで取り上げるんじゃないかと。

明訓五人集と合同自主トレしたり、パ・リーグのレギュラーシーズン中に元NPB選手の監督コーチらと出会う場面を絡めたり……

オールスターネタで小林幹英にドカベンと真っ向勝負させた御大のこと、きっと何かベタな仕掛けをしてくれると思います。無責任に楽しみです

<< 単に少子化対策というよりも いかにマスコミを利用するか >>