単に少子化対策というよりも

中学、高校を付属校に 関西私立大が生徒「囲い込み」Excite エキサイト : 社会ニュース

この共同通信の記事には 
関西といいつつ、京都エリアの話ばっかりが出ておりますね。
近日明らかになったもので記憶にあるのは
大阪エリア 北陽高校(男子校:阪神岡田監督の母校として有名)が
関西大学の系列になる←たしか学校法人そのものが吸収される

があります

単に少子化対策、じゃなく
付属の中学・高校から通わせるような
比較的資金力の潤沢な家庭が ターゲット?
公立の いわゆる底辺に近い学校までも
指定校推薦の範囲にしているので
学生の人数は確保できても 
学生の基礎学力が 確保できないからそれに対する対策?
などと
単なる少子化対策ではないのでは・・・との
下種の勘繰りができてしまいますな。
[PR]

by gabefunyaa | 2007-03-19 08:51 | 教育談義 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/6621804
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 中学・高校スポーツには金がかか... ファン層拡大の難しさ(1) >>