わからんし、わかりたくない。

いつから高野連は学校教育の監督官庁になったんだろう?
<特待制度>高野連、奨学金給付認める 就学困難な生徒にExcite エキサイト : スポーツニュース(毎日新聞より)

国や地方公共団体のやるべきことがらなんだよね。
経済的理由によって就学困難な場合
奨学の方法を講じなければならない
って
法的にも規定されてるはず。


ま、それはさておき
発覚時には こわもてを出しておいて
そのあとは 生徒たちに配慮したようなポーズを出すあたりも
構造が一緒(未履修問題、とね)なので
どんどん嫌な気分になっております。

実感の伴う神戸新聞さんの記事です (Moreの先にも引用もしておきます。)

野球部長は後任が見つからない学校が相次いでいる。本来は野球部長を退任させ、有期の謹慎処分とする方針だったが、5月中の自主的謹慎にとどめた。
これ、笑いました。
だって
・・・下手に生徒が裏金貰っていたことが発覚したら
さかのぼってでも私立高校は解雇がありうるのですよ。
そんな危険なことしたくないでしょ。
野球部長とはいえ労働者。生活、かかってるんですから。

それにしてもなんだなあ
高野連への復帰をお願いするの?
野球部を解散した専大北上について日本高野連は10日、同校が5月中に再加盟申請を岩手県高野連に提出する見通しであることを明らかにした。24日の日本高野連全国理事会で再加盟を認めるかどうか審議する。
いっそのこと、
クラブチームとして再出発すりゃよかったのに。

やはり高野連という独占的利権団体の傘下にいないと都合悪いのか




神戸新聞WEB 5月11日より
神戸国際大付は高野連が実態調査を打ち出した後、内尾徹副校長らが特待生の自宅を訪問して理解を求めてきた。気色ばむ保護者もいる中、説明を重ね、この日は解約同意書を兵庫県高野連に提出したばかりだった。
 同校は、野球部以外の特待制度の廃止も決定。内尾副校長は「相当な力を込めて対応に当たってきたので、何をいまさらという感じ」としながらも、「それで助かる生徒もいる。前向きに考えたい」と話した。

 神戸弘陵は今月三日、三十人近い特待生の保護者を集め説明会を開いた。経済的な厳しさを訴える家庭もあったという。藤田直孝校長は「なぜ最初から通学が難しくなる生徒のことを考えられなかったのか」と高野連の対応に疑問を投げかける。救済措置については、「これで何とか子どもたちを救える。一人も辞めさせたくない」と安(あん)堵(ど)の表情も浮かべた。

 県内の私学に通う特待生の父親(50)は、「高野連はすぐに方針転換して、そんなに甘い考えでどれだけ混乱を招くつもりか」と声を荒らげた。経済的な苦しさから転校を口にする保護者もいたという。「緩和措置は当然最初からやり方がまずすぎる」と切り捨てた。また、特待生として県外に通わせている父親(45)は、「>やる気なくなった」という息子の声を聞いた。「今回、特例で認められる奨学制度の基準もあいまいすぎる」と不安を口にした。

 高野連はこの日、特待制度のあり方を話し合う検討部会の開催も発表した。東洋大姫路の加藤文則校長は「ほかの部活との兼ね合いもある。行きすぎた行為はいけないが、通常の範囲の適用なら認める方向であってほしい」と明確なルール作りに期待していた。(斉藤正志)

[PR]

by gabefunyaa | 2007-05-11 07:01 | 教育談義 | Trackback(1) | Comments(4)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/6841459
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from TORACCHO'S R.. at 2007-05-11 20:58
タイトル : 続・こんなにあったんだ
高野連が言うことはコロコロと変わるようです。 高野連は特待制度については強硬な姿勢を取っていたが、一転して特待生制度がなくなったら経済的に厳しくなる生徒に限って卒業までは学校の裁量による奨学金という形で容認するそうだ。(抜け道がありそうだ) なお、来年度以..... more
Commented by takaitoko at 2007-05-11 07:26
何かしら日本の中に「高野連」という小国を見てしまいますね。文部省と結託することで「高野連は、野球部は、ねばならない!」という妄想を抱いているようです。本来ならば、立場の弱い高校生を守るべき大人の集団であるはずが、自らの迷走により、逆に学生を追い詰めているような。

今回の緩和措置も『このままだと、高野連の風当たりが強なるで、少し、オマケしたろうや』という話が仲間うちから発生したに違いありません。
Commented by 高野豆腐 at 2007-05-11 11:38 x
ホントですね。本人達は上手くやっているつもりでしょうが、ナンカ見え見えです。しかも奨学金等、結局学内の裁量で、とか言ってたら何の事は無い前と一緒です。とんだ茶番劇ですね。
Commented by at 2007-05-11 13:38 x
全ては西武ライオンズの内部告発によるもので、そこで発覚した専大北上高の対応も高野連が一枚かんでいるのはほぼ間違いないと思います。

最初からこうする予定だっただけで「茶番劇」に乗っかったマスコミも同罪です。
ブランドを守るためには「儀式」するくらいなら、「大会はやるけど、今後3年間はNHK,民放とも中継は一切しない」って言えばかっこ良かったんですが・・・。
実際問題、特待生の部員登録禁止になったのならまだしも、単に次につながらない春季大会休んで休養になった可能性だってあるだけに、処分らしい処分じゃないです。

どう考えても、脇村会長は「かなりの曲者」で、ビジネスとしての高校野球運営に関してはこれほどの逸材は過去に居なかったでしょう。
Commented by traumeswirren at 2007-05-12 18:51
高野連って自分たちだけ清廉潔白なフリをして、威張ってるヤナおやじの集まりって感じですね。。

<< そらそうよ。 何とか勝利したものの >>