死ぬまでその地位に居座り、改革をストップさせるのかも。

高野連会長、進退発言は思惑か 新制度づくりと夏の甲子園Excite エキサイト : スポーツニュース
定例評議員会での会長再任から半月もたっていない。辞意はないとみるのが自然だろう。次回の評議員会は11月末。6月下旬までに新たな特待制度の基準づくりをする必要がある。8月には甲子園で全国選手権も行われる。これらを乗り切れば、評議員会での信任も予想される。

・・・不信任決議出してやれ。
ま、同じ穴の狢なのでそこまでの度胸はあるまいがなあ。
全国の高野連の役員さんたちには。

たいした古狸です。(褒めてません!)
[PR]

by gabefunyaa | 2007-06-08 06:52 | 野球談義 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/6953247
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< おかげで とほほな状況に・・・ 京都ファイアーバーズの試合予定 >>