へ?対象は現職教員限定??

教員講習に「対応できぬ」 免許更新、新たな重荷にExcite エキサイト : 社会ニュース

改正教員免許法が今国会で成立し、09年度から10年ごとの教員免許更新制がスタートする。小中高校の現職教員は約110万人。更新講習は年約10万人余りが受講する。

このニュース本文を見て妙なことに気づいた。
そう
教員免許を持っている人間の全てが対象なのではなく
現職教員*が対象者らしい。

あれ?
実際に運転していなくても
運転免許は更新が必要ですよね。
ペーパー教員**は
それこそ資質を向上させ
現職に不適格教員がでて穴埋めせねばならぬときに
備えなければならないはずなのに
更新講習からは放ったらかしですか?
100万人ではきかないと思うんだけどな。
教員免許持ってるけど
教育実習以外、教壇に立ったことのない人




*たいていの場合正規雇用されている教員(私立・公立を問わず、雇用期限の定めのないもの)をさす。
ときどき期限付き任用も、場合によっては非常勤も現職の範疇とされることがあり
なんともわかりにくい概念。

**ペーパードライバーに対応する造語。
能力の証明書は取得しているものの
そのとおりの能力があるかどうかはよくわからない。
いっとき教員免許取得が女子では有利(何に、だ?)とされ
教員になるつもりのない面々も教員免許を取得していたw
[PR]

by gabefunyaa | 2007-06-25 17:38 | 教育談義 | Trackback | Comments(3)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/7019080
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by antsuan at 2007-06-25 21:59
堺屋太一が提唱していた「公務員の十年定年制」を思い浮かべました。
大昔の事で今では違うかも知れませんが、確か自衛隊員も兵士は十年ぐらいが定年だったように思います。もっと自衛隊にいたかったら下士官試験に合格しないといけなかったと思いました。という事で、現職のみに適用すると云う事は実質的に定年制と同じ仕組みにする目論みかも知れませんね。
Commented by maron415 at 2007-06-25 23:40
教員免許更新制と言ってるからにはどう考えても車の免許といっしょよね。現職教員が対象なら言い方が違うのじゃないかと思うのですが…
(そこまで考えずに法律作ったのかな?)
Commented by おりがみ at 2007-06-27 00:43 x
私のあの努力の結晶はゴミと化すのでしょうか??
確かに今の仕事(保育士)とは関係無いかもしれませんが。

<< 私は愛媛ファンですが・・・ さてさて、どうしたものだか。 >>