横浜ベイスターズに迫る危機・・・とその後

TBSに勝ったら楽天“横浜ベイ売却”Excite エキサイト : スポーツニュース

楽天がTBSと経営統合した場合、野球協約183条違反の「球団二重保有」となることを指摘し、解決への具体策を求めた球界首脳に対し、楽天関係者は横浜売却の意向を示したという。

後で追記する予定。

ありうるなあ、とおもっていたのですが。

ありがたいことに、TBSが有利にことが進んでいるようで
なんとかとりあえず危機は回避されたようです。


関連ニュース
1.「静観するしかない」と根来NPB代行=TBS株買収防衛問題
2007年6月28日(木) 18時1分 時事通信
 日本プロ野球組織(NPB)の根来泰周コミッショナー代行は28日、横浜球団の親会社であるTBSの株主総会が、買収防衛策導入案を承認したことに関し、「静観するしかない。経営統合がいいとか悪いとか言う立場にない。ただ、野球に影響しないようにしてもらいたい」と語った。
 野球協約は、一企業による複数球団の株式保有を禁じており、TBS株を保有する楽天は協約違反状態となっている。このため楽天は昨年11月、横浜の球団経営には関与しないとする誓約書をNPBに提出している。
 

2.横浜球団、協約違反状態の改善求める=プロ野球
2007年6月28日(木) 19時1分 時事通信
 株主総会では、楽天球団の親会社である楽天による株主提案が否決された。このため、横浜の佐々木邦昭球団社長は「当面、球団に対する影響はない」とした上で、「(結果は)横浜、楽天の双方にとって好ましいこと。ただ、依然として、楽天側は(複数球団の株式保有を禁じた)野球協約に違反している状況なので、速やかに改善してほしい」と語った。
 同社長はまた、「球団を持つ以上、協約を守ることを誓って参加している。経済行為は自由だが、制限は付く。(7月18日の)オーナー会議の席上で何らかの意思表明はすると思う」と話した。 


3.経済ニュースとしての報道
TBS側の笑顔の写真あり。
[PR]

by gabefunyaa | 2007-06-28 08:49 | 野球談義 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/7029154
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 紫外線を気にせねばならない世の... 見殺されるのをみちまった。(非... >>