開催方法、時期の再検討を!

<高校野球>広陵の中井哲之監督が熱中症で治療、点滴も Excite エキサイト : スポーツニュース

チーム関係者によると、中井監督は四回途中、「頭が痛い」とベンチ裏に退いた。(中略)中井監督は大会期間中、夏風邪の症状も見せていた。
 今大会は、報徳学園(兵庫)の近田怜王投手が両足のけいれんを訴えて途中降板したほか、17日にも開星(島根)の選手が試合後、熱中症で救護室に運ばれている。


ソースが春(センバツ)の主催、毎日新聞であるのがめっちゃ皮肉なんですが・・・

この時期に行われるのは学校休業日だから、だとは思いますが
せめて
11時から14時には試合を行わない 時間帯としたほうがいいのではと。

環境省は 外での運動の自粛を呼びかけていたはずなのに
高野連は
そんなことにはお構いなし、なわけでして
ええんかい・・・。
環境省の熱中症についてのサイト

なお、うちの老母
高校野球も 高体連が主催しているもんだ
と思っていたそうで
高野連はぜんぜん別個の団体だということに
口あんぐりでした。

人気ブログランキングXoops
↑クリックよろしく


スーパーサウスポーあさちゃん。様の
こちらのエントリにてご紹介いただいたので
この先追記しております。





熱中症保健指導マニュアルより
※WBGTという数値については、前出の環境省のサイトをご参照ください

熱中症予防のための運動指針(日本体育協会)
WBGT 31℃以上 運動中止 
 特別の場合以外は中止する

WBGT 28℃から31℃ 厳重警戒 激運動中止 
 激運動・持久走は避ける。積極的に休息をとり、水分補給。
 体力のないもの、暑さに慣れていないものは運動中止。

WBGT 25℃から28℃ 警戒
 積極的に休息をとり、水分補給。
 激しい運動では、30分おきくらいに休息。

WBGT 21℃から25℃ 注意 積極的水分補給
 死亡事故が発生する可能性がある。熱中症の兆候に注意。
 運動の合間に積極的に飲む。 

WBGT 21℃以下 ほぼ安全 適宜水分補給
 通常は熱中症の危険は小さいが、適宜水分補給を行う。(以下略)

気温が高い場合は 気温で判断してもよいそうで、
その場合 運動中止が35℃以上、厳重警戒が31℃以上だそうです


とまあ
夏の高校野球大会を8月の真昼間に行うのは
熱中症予防、とは真っ向から対立するわけであります。
真夏の真昼間、
炎天下でただ観戦しているだけでも 
最低2リットルくらいは飲料水を飲まないとやってられないので
・・・応援団員とか選手、審判、監督
命がけじゃないのか?と思ってしまいます。

準々決勝あたりからは
なぜか酷暑の時間帯にのみ試合を行います。
いったい何考えてるんだか・・・。


先日 建設作業員で亡くなられた方が出ましたが
こんな商品 目に届くところにあれば、防げたかもしれませんね・・・。
[PR]

by gabefunyaa | 2007-08-18 22:33 | 野球談義 | Trackback(2) | Comments(5)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/7314025
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 阪神タイガース世界一への.. at 2007-08-19 08:47
タイトル : ユニまで同じようなデザインだからって結果まで同じにならん..
by Seesaaショッピングプロ野球選手を輩出しているコノ高校!¥ 昼間高校野球のこの試合を見ていたら、両チームともどっかのプロ野球のチームとユニフォームが似ているなと思いました。 ナイターでそのプロ野球のチーム同士も対戦したわけですが、まさか、結果まで同じになる..... more
Tracked from <徳島早苗の間> at 2007-08-20 01:51
タイトル : 「サガシリーズ」は終わらない。-第89回選手権大会13日目-
<準々決勝> 【第1試合】:  帝京  =010 200 000 000 0 3  佐賀北=111 000 000 000 1x 4(延長13回) 【帝】高島、垣ケ原―鎌田 【佐】馬場、久保―市丸 【本塁打】副島(佐)  帝京は昨日智弁学園戦で垣ケ原投手が完投しているので今日は高島投手の先発。(もし「試運転」のつもりで大田阿斗里投手が出て来たら儲けモノだと思っていた。) 佐賀北は1回裏4番・市丸捕手のタイムリー三塁打で1点先制。  2回表すかさず帝京が同点に追いつくと、その裏には制球を...... more
Commented by あさぎや at 2007-08-19 13:01 x
準々決勝を2日に分割して、準決勝・決勝と連戦を強いる日程そのものが常軌を逸していますし。

せめてトーナメント上位はそれぞれ試合間に最低1日でも休養日を設けるべきでしょう。
Commented by おりがみ at 2007-08-19 17:24 x
暑くなければあのエラーもあのパスボールの無かったろうに・・と思う場面が今大会は多いではないか??と。
ベンチで頭に氷嚢のっけてる選手を見て、「やっぱり夏はよした方がいいよ・・」と思ってしまった過保護母です。涼しい地方に甲子園にそっくりな球場を作って夕方の涼しい時間帯にのんびり試合するのは・・・ダメでしょうねやっぱり。部活の時間帯が、一番彼らの体が動くんじゃないかとか余計な妄想に駆られて・・・。
Commented by tokkey_0524zet at 2007-08-20 23:03
常総学院、木内監督が復帰するそうですがお年もお年ですし熱中症で寿命が縮まりゃしないかと心配でたまりません^^;。

>あさぎやさん
準々決勝は分割するのにその後の準決勝・決勝は連戦なのは私も腑に落ちません。
これによって一日休めるチームとそうでないチームが出て来るのは不公平ですし、選手の健康上良くないですよね・・・。
Commented by Honeywar at 2007-08-20 23:09 x
こんにちは。
この地球温暖化のご時勢、昔より過酷な状況で、昔ながらの大会形式、というのは常軌を逸していますよね。
前の記事に、「学ランで戦争想起」というのがありましたが、戦争想起はともかく、黒い長袖学ランで応援は命が危険です。
死人が出ない限り、改めないんでしょうね....
Commented by gabefunyaa at 2007-08-24 19:30
☆まとめレスになってしまいますが
本当に今の時期にやる必要性があるのか?から
じっくり考えてほしいものです。
(北京オリンピックと日がかぶるということで、来年の夏の大会は日程をずらすらしいのですが、そんな小手先のことは・・・)
夕方の涼しい時間帯賛成!
第二甲子園球場を涼しいところに造る
(もちろん蔦も甲子園から持っていく)ことも
昼間に日程をどうしても消化したいなら、必要ですね。
中井監督ですら倒れたのに木内監督はいくらなんでも命がけすぎ。
高齢者は体温調節機能が衰えますからねえ。

<< どこまでも後ろ向きですまん・・・ ニュースねたもトホホだが、取り... >>