トホホ生活でも住処があった理由

<ネットカフェ難民>仕事途絶え、中高年層にも拡大Excite エキサイト : 社会ニュース

え~と
私 自前で国保・国民年金生活を続けておりますが
いまは家族との共有名義の住居
(ローン払ってるから抵当権ついてるけど)

いるわけですよ。
独り者だったころ
年収100万円に満たなくても
アパート借りて住んでました。

敷金が出せないから敷金を値切ったこともありましたし
(兵庫・大阪では更新料のない物件が普通。でも敷金・礼金が高い)
・風呂なし(普通の銭湯まで近)
・築古年で駅から徒歩圏
・自転車止められること
というのが条件だったので
阪神大震災のとき
震源近くでそういう住居にいたら、ほぼ死んでますが。

困るのが
金銭だけじゃなく
賃貸契約するとき、保証人を立てろ!といわれること。
ネットカフェ難民をなくするには
仕事だけじゃなく
保証人のいらない
低価格な住居の提供が必要でしょうね。

寮や社宅扱いの物件のない働き方だと
一見きついのですが
そことの雇用契約がきれてもどうということはない。
ま、
借り上げ社宅扱いで
転職する時に個人に契約変更して住み続けたい
と交渉したことがある

知人は言ってましたけどね。
ただ、
その会社保有の住居だと雇用関係がなくなるとアウトですが。


家賃18000円/月(途中で上がって20000円/月)の
安アパートで暮らしていたことのある私です。
最も高くても38000円/月までしか住んだことありません。
ま学生時代はもっと安い住居にいたので
その間に元手をためていたから余裕があったわけですが。

重たいモノをたくさんもっているとネットカフェ難民にはなれません。
私の場合 本です。
[PR]

by gabefunyaa | 2007-08-28 14:05 | テーマトーク | Trackback(1) | Comments(0)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/7361136
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 島谷的舞録゛@eXcite at 2007-08-30 04:59
タイトル : ネットカフェ難民
Excite エキサイト : 社会ニュース  最近インターネットカフェに寝泊まりを続けるネットカフェ難民が増えているという。  ネットカフェ難民が漫画喫茶で店員から現金を強奪する事件まで起きている。 全文表示... more

<< というわけで久々生観戦 月食見られんやん! >>