義務教育と非義務教育のギャップかなあ

ちょくちょく通りかかっている『獏の食わず嫌い』に

「水に綺麗な言葉をかけると綺麗な結晶が出来ます。
綺麗な心でいると病気にもなりません。
病気は悪い心から生まれます。」






やりやがったな。


というのが出てきた。

これについて
講師としてお世話になっている職場の
正規教員の面々と
「きれいな結晶ができるかどうか、なんてのはちょっとしたことで変わるんで
よくもまあ、こんなの信じるものですなあ・・・」

笑い話にしていたんですが

これ
教員集団の質が 義務教育と非義務教育では違うから?
(私の直感として、後者のほうが 
 灰汁が強い≒権威の言うことをすんなり信じない
 タイプの人が多いです。)
それとも
年代によって違うから?
 30代後半よりも年配だと
 いちいち疑り深いというか
 きっとそうだよ、といわれると
 おいおい、そんなに単純に説明つくんか?
 と
 考え込む(これが実証科学的態度、なんですけどw)人が
 結構珍しくない
 でも
 若い人のほうは素直、なんですよね。
 自然科学離れして
 一方 オカルトやスピリチュアルがブームらしいし
 
 理数に比重の高かったころの学校はおちこぼれを招いた
 という風潮があるみたいですが
 教科内容をどれだけ削減しても
 ・・・オチこぼれは出てます
 学校というシステムのあり方に
 問題があるのかもしれません。
 ただ
 理数の比重が高かった頃は
 本人たちは意識しなくても
 実証科学的態度
 あるていど育っていたんですよね。

 徳育重視 ってのは
 知育軽視とはイコールでないはずですよね。

 「水からの伝言」を信じないでください
 超越した存在を信じたいのなら
 水素結合やら、大きな極性やら
 水の特異的な性質(この分子量でこの沸点・融点ってすごいことだよ!)を
 つくった
 自然そのものを 信心してりゃいいのにさ・・・。

 悪い心を持っていても丈夫な奴は丈夫で
 良い心を持っていても
 慢性疾患と折り合っていく人生もありますよ
 悪い心が病気をつくるだと?
 ・・・ふざけるな。

 ニセ科学などなどにご用心

[PR]

by gabefunyaa | 2007-10-07 14:06 | 教育談義 | Trackback | Comments(6)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/7543480
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by gegenga at 2007-10-07 17:25 x
「水の結晶」に関してはかなり困ったものとはいえ「ヤレヤレ」ですませてやってもよいとして。
>病気は悪い心から生まれます。
は、許せん!
悪い心を持ってるのはおまえだろ!? と、言ってやりたい。

私は大変な科学音痴なんですが(トホホ・・・)「水からの伝言」の話を初めて聞いたとき
「結晶がきれいとか汚いっての誰が決めるのよ?」と、かなりあきれかえった記憶があります。
信じちゃう人、いるんだなあ。
Commented by スドウ at 2007-10-07 23:41 x
はじめまして。当方まだ30代前半ですが、疑り深いということもないが
なんとも理解不能です。病は気からということでしょうか?で、なぜか水が出てくる。こういうことを好む人はカルトやねずみ講に引っかかりやすそうですね…。
でも、「若手経営者の会」とか田舎の商店街むけのセミナーでもこういう「水の伝言」まがいの「正しい心と元気があれば何でもできる!売れる!」的な「自己啓発勉強会」多いんですよー。で、みんな素直!なんか9月までの朝ドラのヒロインみたいな心の持ち主ばかりなのです。朝ドラではおかげで「ハゲタカファンド」にだまされてました(爆)!朝ドラと違って都合のいい助け舟は現実には出ません(爆)!そんなこんなでひねくれ者でもないが素直すぎる人々に困惑する昨今です…。商店街に関しては年よりも多いんだが…。若手とか言っても50だったり(笑)。貧すれば鈍するなのかなー。
Commented by gabefunyaa at 2007-10-08 12:53

>gegenngaさん
で、この「水からの伝言」を信じるような奴が合格して
批判的な目で見るほうが不合格になったりしたら
いったいその基準はどうなんだ?と
マスコミに叩かれるであろう教員免許更新制を含む例の悪法が
ABEちゃん退陣したのにそのまま生き残っているのも気に入らなかったりします。

きれいか汚いかは主観的なものなので、
「水からの伝言」を信じている人と私とでは合致しそうにないですけどw
Commented by gabefunyaa at 2007-10-08 12:59
☆>スドウさん
いらっしゃいませ。
え~、ねずみ講といえば円天。
先日、電車の社内で円天に引っかかった人について
「どう考えてもおかしいやろ?」と突っ込むおっちゃん(60代)がいました。
おっちゃんの嫁さんのほうは
「でも、手元に商品残ったんだからまだいいのでは?」
というのですが、
「円天では、1000円のもの1000円天より高い値段で買わなアカンのやで。
それにだいたい、宝石とかの値段なんてどうにでもつけられる
(実際、適当に価格ついてることを知人に聞いて吹いたことあります)
そやから、損してるんやで。よう、あんなんに騙されるわ。」
と。
貧すれば、というよりむしろ、今まで大金に縁のなかった人が
ある程度まとまった金を手にした時に
「確実に儲かる」といわれて引っかかってしまうケースが多いようです。
Commented by りさ・ふぇるなんです at 2007-10-10 22:04 x
どうも、こちらからのアクセスが多かったので「おお?」と思って覗いてみたら「水伝」について賛同ありがとうございます。
って言うか考えのある人なら賛同しますわな(^^;
問題の教師はおっしゃるとおり若いです。(頭が幼児体系とか言う事はおいといて)
35歳独身親と同居です(無駄情報)
しかし小学校からこれで二回目ですよ。水伝。
息子に聞いたら息子の担任も水伝やってたとか・・。
これは構造的な問題ですな。教育委員会って気をつけるように通達とかしないんですね、全く・・(ぶつぶつ)

Commented by gabefunyaa at 2007-10-11 22:25

>りささん
すんません、うっかりTBも打たずにリンクしてしまってました(ーー;

うちの息子はまだ水伝を聞いたことはないらしいです。
しかしやられたら「じゃあやって見せろや!」と
私はけんかを売りそうです。
<教育委員会
奴らはどうでもいい事ばかり通達出します。
高野連と大同小異です。

<< カープ関連記事のお知らせ 負けるわけにはイカンとはいえ・・・ >>