時間数を増やすのはいいけれど・・・

中学の理科授業を3割増 中教審が審議のまとめ了承Excite エキサイト : 社会ニュース

時間数を増やしたぶん、単純に分量を増加させるんじゃなかろうな。
実験とか観察が
「お遊びタイム」になり
理科は暗記科目
っていう態度の若者が増えてもらっても困るんだが。

ただ
理科教育充実のためには
人とモノが必要だ
という視点が
中教審にちゃんとあるとは思えないんだよな。

あ!
学習指導要領が改訂されたら
末端の
問題集そのほか、教材作成スタッフとしての
臨時の仕事にありつけるかもv
[PR]

by gabefunyaa | 2007-10-30 19:57 | 教育談義 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/7644275
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by at 2007-10-30 20:26 x
「実験とか観察が「お遊びタイム」になり」って、どういう意味ですか? 時間数との関連がよく理解できませんでした。
Commented by gabefunyaa at 2007-10-31 06:46

実験や観察の時間を増やし、科学に対する興味関心を養うと(文科省の学習指導要領の)内容がくることが予想されませんか?
実際の高校生は、やや抽象的内容の授業に飽きると、すぐに「実験しようや!」としつこい。どうも小中学校では面白がってしまって「なんのためにやってるのか」考えたことないらしい。これを「お遊びタイム」という。

ところで、
ハンドルネーム欄にある「?」ってのは何ですか?
捨てHNなのか、それともタイトルのつもりなのか
一体どういうことなのかよく理解できませんでしたぜ。

<< 人それぞれに打算の基準はあるわけで 頻繁にこれだもんな・・・。 >>