会話がなくなるから愛情がなくなるのか?

それとも
愛の反対は無視である
という(たしか、マザーテレサの)言葉があるくらいだから
愛情がなくなったから会話がなくなったのか?
「夫婦の会話30分以下が4割」もExcite エキサイト : 社会ニュース
・・・センセーショナルなタイトルと内容のまとめ方ですが
「夫婦の会話、平日でも30分以上がほぼ6割」

タイトルを付け替えると
ぜんぜん印象が違ってきてしまうんですよね。

夫婦のうち平日の会話が30分以下との回答が40.2%を占め、その3分の1は配偶者に愛情を感じていなかった。40歳代が最も会話に乏しく、夫で50.0%、妻で56.8%が30分以下だった。離婚を考えたことがある割合は、妻が49.1%、夫が33.0%。特に、50歳代の妻の13.8%は「よく離婚を考えたことがある」と回答した。調査対象者は、20~59歳の既婚男女1206人


どういうサンプリングでこの調査対象者が選ばれたのか
によって
信頼度が大きく変わっちゃうことも事実です。
「離婚を考えたことがある」っていうても
実行に移すべく計画しているレベルなのかどうか

気になりますなあ
[PR]

by gabefunyaa | 2007-11-26 21:10 | テーマトーク | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/7753992
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 来年のことを言うと「鬼が笑う」... いよいよオリンピックアジア最終... >>