その基準、どういうことなのか釈然としないが。

高野連が特待生容認 09年度以降Excite エキサイト : スポーツニュース
条件付きで野球特待生を容認する方針を決めた。高野連は特待生制度を、野球の能力が特に優秀である生徒に対し、加盟校が入学金、授業料などの負担金を免除する制度と定義。学業が同学年の一般生徒と同じ水準にある、などが条件

えらく曖昧な内容なので釈然としないんですわ。

野球の能力が特に優秀って
具体的には、どういうことなんでしょうか?
学業が同学年の一般生徒と同じ水準
ってのは
評定平均値でどれくらいのことをいうのでしょうか?

その学校によって
同学年の一般生徒の学業の達成水準が
大きく異なるので
こういう基準の表し方はよくない、と思います。
「全国統一学力テスト」でもやらない限り
一般生徒の水準と野球特待生の水準
比較の仕様がないはずですからねえ。

(高体連傘下の)他の競技種目の特待生のあり方とも足並みを揃えた
より
具体的な指針を出されることを望みます。
アメリカでは、大学でもスポーツ選手について
基準があるようですよ
参考文献:『スポーツ選手のためのキャリアプランニング』
      この本の翻訳者 田中ウルヴェ京さんの『ライフ・トランジション』もキャリアを考える上では役に立ちます。
 
[PR]

by gabefunyaa | 2007-11-30 19:19 | 野球談義 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/7769410
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< インディーズ歌手・天野浩一(爆... 夢は現実になるんだろうか? >>