パワーハラスメント、許すまじ。

<兵庫・北条高>部活顧問が体罰「国体県予選に出るな」 Excite エキサイト : 社会ニュース
兵庫県加西市の県立北条高校(常深進次郎校長)の運動クラブで今年8月、自らが仲介した特別枠での大学入学を部員の男子生徒(18)が拒んだことに教諭の男性顧問が激怒し、長時間正座をさせて頭をたたくなどの体罰を加えたうえ、「国体県予選に出るな」などとどう喝していたことが分かった。生徒は両親の説得で予選には出場し優勝したが、自責の念から国体出場は断念した。学校側も体罰の事実を認め、県教委は今月12日付で顧問を減給処分にした。
他府県では生徒といっしょに飲酒した(とか、勧めたw)という
大馬鹿な運動部顧問の話がありましたが
兵庫県では、これこのとおりでございます。
さて、
いつものことながらよくわからないのが兵庫県教育委員会の下す処分の重さ

この一件、明らかにパワーハラスメントであります。
それが
たかが減給処分(しかも、どの程度かはかかれていない・・・)ですよ。
セクシャルハラスメントで大きな問題になった教員を
教育委員会に長期研修扱いとしていまだに懲戒免職にはしない
ま、そういう体質であります。
・・・
減給処分といえば
もう
ほとんどの人が忘れてしまっている未履修問題
これにかかわった学校の管理職は大抵
減給処分を受けたわけですが
パワーハラスメントと比べれば
(履修科目のあり方そのものに問題点があるのでは?とすら考えられるので)
同等の処分ってのは正直納得がいきません。

パワーハラスメントやセクシャルハラスメントに対して
世間一般の基準に照らしてずっとぬるい
っての
非常に拙いと思うんですよね。
いじめに対する指針をいくら出しても
説得力も何もありゃしませんがな。
[PR]

by gabefunyaa | 2007-12-27 17:14 | 教育談義 | Trackback(1) | Comments(2)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/7869657
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from B,R,R & K BL.. at 2007-12-28 01:13
タイトル : 兵庫県立北条高校の部活顧問が体罰「国体県予選に出るな」
C日新聞より。 ■推薦入学強要、部員に体罰 顧問を懲戒処分 兵庫県加西市の兵庫県立北条高校で、ウエートリフティング部の男性顧問(34歳)が高校3年の男子部員(18歳)に、スポーツ推薦での大学入学を強要しようと、2時間にわたって正座させたり頭を数回たたくな...... more
Commented by at 2007-12-28 00:58 x
多分、体育会系ではこの手の話がかなりまかり通っていると思います。
最近の大学は、運動部強化に関して何でもありになりかけているんですよね・・・。
あの早稲田がやりだした辺りから、学費免除は当たり前、生活費はOB会や部と取引のある企業が面倒を見るみたいな話が出てくるようになり、そこに目がくらんだ運動部関係者が色々汚い事をしているって話はぎょうさん耳にしています。
その上に企業の偉いさんや、政治家、宗教関係者までもが絡む事もあります。
Commented by gabefunyaa at 2008-01-06 15:53

>Mさん
体育会のこういう話は表ざたにならない限り問題にならないんですよね。
いっぽうで、理系学生の場合、かなり競争率の高い試験(きっちり募集要項が公表される)を通過しないと「企業丸抱え」で学費そのほかを出してもらえることは少ないんですよね。
「おいしい思い」をすることが難しい理系。
高校生たちに理系が敬遠される遠因は、体育会と企業との妙な癒着関係にあるのかもしれないです。はああ。

<< よいお年を 第2回関西カープ会告知 >>