尿素配合ってば足裏のざらざらに効果的

だというイメージが私にはありますよ。

美容目的でも使用されてるんだ、ふーん。
という感じで
汚いものという印象はまったくなかったですね。
【コラム】 ところで、化粧品にも使われる「尿素」って汚くないの? (R25編集部)

汚いかどうか、の前に本文中に気になることが
 ちらほら。

その1.
なんでも、尿素の合成法は無機物から有機物を生み出すというかつては不可能とされていたもの。その研究が発表された1828年当時には錬金術の成功に匹敵する大事件だったのだという。
・・・おぃこれ化学の教科書の本文中になかったか?
 生物のかかわりなくして有機物ができるはずはない
 ってのをひっくりかえしたっていう大発見だよな。

あ、今有機化合物は化学Ⅱやん!
 (←理系に進むような人だけの履修内容。)
 センターテストで化学を使うとい文系の人は
 化学Ⅰしかやらないんだ・・・。
 だからなじみ、ないのか。
その2.
尿素は園芸店で安く手に入りますよ(笑)
そういえば5年ほど前、
安くできる手作り化粧品が注目されていて、
蒸留水にあれこれ混ぜてつくっている
マニアックとしか思えない行動が
女性生活雑誌で取り上げられていたなあ。
・・・いわれてみりゃ尿素も出てきていたような。
その3.
尿は体の中の体液を濾過して出てきますから、もともと汚いものではないんですよ。放っておけば細菌なども発生しますが、排出直後であれば、たとえそのまま飲んでも病気になったりはしないんですよ
尿素ばかりか、『尿』自体が汚いというのも勝手なイメージなのだとか

あ!
かつて一世を風靡したw
飲尿療法とちゃうんかい、こりゃ。

R25のライターさんはお若くていらっしゃるようで
飲尿療法をご存じではないことが
尿素は汚いものではない
ということよりも印象に残りました。

飲尿療法を取り上げている本
・『もっと「自然塩」をとる健康法
・『さるのこしかけ』←さくらももこ著 読んだことある人も多いのでは?






それにしてもなんだな、
天然○○をありがたがる風潮があるのに、
尿素は
天然尿素=化学合成していない、ではなく
化学合成品のほうがありがたがられるのかよ(苦笑)

ついでながら
水道水も天然水ですからね。
水素電池で発電のついでにできた水じゃないですからね。
ちょっと雑菌を懸念して塩素消毒し、
濁りを懸念していろいろろ過してるだけですからね。
あんまりペットボトルに入って売られている水をありがたがらないでね。
あたたかい天然水は確かに便利だけど。
[PR]

by gabefunyaa | 2008-01-05 12:41 | あれこれ | Trackback(1) | Comments(0)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/7902388
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 雑学的ブログ at 2008-02-17 23:47
タイトル : かぜ対策に、
新聞で紹介されていました。 かぜ予防、早めの一杯 ということで、喫茶店チェーン等で ゆずを使った飲料が人気なのだそうです。 また、ビタミンCを含んだ飲料も売れ行きはいいそうです。 ちょっと面白いのが、 伊藤園から発売された「あたたかい天然水」 ホット版ミネラルウォーターなのですが、販売量も増えているそうです。 薬と一緒に飲む人が多いそうです。 まだ、今冬はかぜをひいていないので、 ゆずを使った温かい飲み物で予防しなきゃ!!... more

<< 08年、ファンクラブ考察 ... 漢方薬服用するときには重宝します。 >>