11年度という表現は紛らわしい。

「ゆとり教育」転換を答申 中教審、30年ぶりに授業増Excite エキサイト : 社会ニュース

文科省は答申を基に3月にも改定学習指導要領を告示する。11年度の小学校を皮切りに、中高校も順次完全実施する見通しだが、理科、算数・数学の一部は09年度から前倒し実施する。
え?
平成11年度はとっくに終わっているんですが??
と間抜けな反応をしてしまいました。

元号の使用を必ずするように、と
一時期うるさくいわれていたことの後遺症に違いありません。

それはそうと、来年が09年度
前倒し実施というのは簡単ですが
それにあわせての
教科書の改訂作業(・・・ということは、教師用の指導書も、ですな)
そして
学校で教科書と併用して活用する
準拠そのほかの問題集
そして
市販教材の内容改定
ってことも同時に起こるというわけです。

それはそうと
増加させる分の授業時間数、
どこから捻出するのでしょうか?

そしてここ10数年
理科・数学軽視ともとれるカリキュラムを続けてきたための
若手の
自然科学リテラシーの低さは放りっぱなしというのは
・・・ちょっとひどいよなあ

いつも口癖のように
「君らはゆとりの被害者だから(自己責任で頑張れ、ということだぞ)」

高校生には言っているわけですが
形にされると余計
釈然としないものがありますね。
[PR]

by gabefunyaa | 2008-01-17 18:11 | 教育談義 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/7949049
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Bow!! at 2008-01-18 17:43 x
はじめまして。ブログ主様は教職の方なのでしょうか?←いつも口癖のように…とあるので…
いえいえ、それは関係ない話で…
教師ではない私は「何を今更…」というのが正直な感想で。結局「ゆとり教育は失敗だった」ということを文科省が認めたってことですよねぇ…分かっていたことでしょうが!!!!と言いたい。「ゆとりの被害者」になりきっている子供らに今更厳しくしようと言うのも、どうなることやら…登校拒否、引きこもりの急増とか…(怖)一度たるみきった精神を正すのは大変なことです!!(よね?)私は「ゆとり教育前ギリギリ世代」ですもので…
理系大学に勤めていますが、理学部に入学してきた学生が分数の計算出来なかった時にはひっくり返りそうでしたよ…(鬱)それはさすがに一人でしたけどね…先が思いやられます(汗)
Commented by gabefunyaa at 2008-01-19 17:01
☆ >Bow!! さん
いらっしゃいませ、コメントありがとうございます。
当方いわゆる「定員外」の立場であっちこっちの高校を渡り歩いております。
「ゆとり」というのがいわれだしたのは実は今から30年ほど昔、私が小学生だった頃だったりします。
中学生・高校生の頃の学習内容の削減は・・・もはやギャグでしたよ。
中学2年の教科書、半分くらいは翌年の(学年進行で学習指導要領の内容を採用していく)履修内容とかぶっていましたし。
教科内容が薄いことが問題なのではなく、単位を取りこぼしても高校を卒業できてしまうことのほうが問題だと思います。
全部の単位を修得しなければ卒業できなかったのは、昭和56年に高校に入学した人で終了です。
 私はその次の学年でしたので、「落としてもいい単位のある制度になったので、追認試験はやらない」と言われました。
現在は、習得しなければならない単位数は少ないわ、そのうえ追認試験はやってもらえるわ、そりゃ「たるむ」のもしょうがないですよ(^^;

分数の計算ができない!!・・・実は結構たくさん世間にいるらしいです。

<< 年末の買い物 フグは食いたし、命は惜しし >>