入管の検疫チェックも甘いんでは??

日本人少年がはしか感染源 米保健当局が非難Excite エキサイト : 社会ニュース

昨年夏にスポーツの国際大会で訪米した日本人の少年が感染源となり、米国内で日本人1人を含む計6人がはしかを発症したと発表した。国際大会では感染の危険が高まるとして、主催者が海外参加者に対し、はしかの予防注射の証明書を提示させることを検討すべきだとしている。米国の保健関係者は「日本ははしかを輸出している」とたびたび非難。

えーと、えらい大騒ぎになっているようなのですが
ここのところの
日本国内でのはしかの大流行があるからには、
本気ではしかの流行を食い止めたければ、
国際大会をアメリカ国内で挙行しなければ良い
んではないでしょうかね?
・・・
はしかの前駆症状は風邪とよく似ております。
鼻水が出たりして、熱が38度ほど出るそうです。
特有の
コプリック斑が出るまでは、ほとんど区別つかないそうです。
で、
前駆症状が出ている頃には感染力がある
んだそうで
国際線への搭乗・あるいは入国時に
風邪症候群と思われたら
きっちり検査をすることでかなり防げると思いますが。

また、
アメリカ国内の大会参加者にも
「はしかの流行国である日本からの参加選手がいるので、
出場するならば、かならずはしかの予防接種歴を確認させる」
ということを怠った主催者の責任を問わないのであるならば
日本を責めるのは片手落ちだと思われます。

んと、
なんだか
中国や韓国で日本人がらみのトラブルが起こったときに
キイキイされる
日本国住民のみなさんと
このはしかを巡る
アメリカ側の対応
似ている感じがします。

こっちは対等の同盟国のつもりでいても
向こうさんはそうは思っていない、ってことではないでしょうか?

日系アメリカ人は太平洋戦争時、
かなり迫害されたっぽいのですが
ドイツ系やイタリア系はどうだったのでしょうか?
我々
極東の黄色いのん、には
(自分たちの過失はさておき)
奴らの過失を責めればよい
という主張がアメリカにもあるのかもしれません。

ま、
これに過剰反応する私も
中国の食品加工業者の人と似たようなものなのかもしれませんけどね(苦笑)

たしかに
日本は感染症には弱い
ですから。

WHOもはしかの汚染レベル
日本は発展途上国並み
と公表されているそうです
(これは、笑えません
・・・ODAで他国に無駄金ばら撒く余裕があるなら
米国軍への思いやり予算を出すゆとりがあるのなら
はしかの抗体検査&公費接種をすすめるべきです)

世界びっくりニュースのほうは
日本に対する非難めいた部分が薄まっています。
米国のはしか流行、感染源は日本の野球少年=CDC | Excite エキサイト
感染者には、デトロイトからボルティモアへの飛行機内で少年の近くに座った女性(53)や、デトロイトの空港の税関コーナーで少年に接した男性(25)などがいるという。
って、おぃおぃ・・・ほんとかよ?
そんな短時間の接触で感染するか?
それとも私(と、私の母親)が記憶していないだけで
私は幼少期にはしかの予防接種を受けたことがあるのだろうか?

というのが
はしかの罹患の記憶はないし、
予防接種を受けた覚えもなかったのですが
溶連菌感染症にかかってその後リウマチ熱になり
小学生の後半(4年から6年)通院をよぎなくされていたわけです。
ええ、
小児科にはそりゃちょくちょくはしかの患者も来て、
気づかず近くの席に座って
ぞぞっとしたこともありますし
保育所に子どもを通わせていたわけですが
子どもははしかの予防接種を打っているとはいえ
私のほうは免疫があるかどうかわからないありさま
んで
同じクラスの子にはしかが出て
やはりぞーっとしたことありますからね。

さて、なんでも予防接種1回だけでは効果が薄いという説もあり
アメリカへ居住する日本人は
2回接種することを求められているらしいのですが
アメリカ人は接種してもしなくてもいいんでしょうかねえ??
[PR]

by gabefunyaa | 2008-02-22 12:05 | あれこれ | Trackback(1) | Comments(0)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/8082549
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ガン 免疫療法 at 2008-04-26 09:16
タイトル : 癌を消すなら【免疫療法】
末期ガン(その他の病気)は、根本療法(免疫療法・体質改善)に勝るものはありません。 癌の末期でも、諦めないで大丈夫です。 『短期消癌法有ります。』 ... more

<< ワクワクするけど 東大もそれなりに対応してますが >>