たしかに離婚とは関わりあるらしい

男性はもっと家事を行うべき=フィンランド文化相 | Excite エキサイト
家庭を持つ男性について、バリン文化相は「家での仕事にもっと責任を持つべき。父親が家事にもっと責任を持てば、離婚も少なくなる」と指摘。「(家事の分担と離婚には)直接的な相関関係がある。もちろん、お互いを尊敬することや、お互いにゆとりが持てるようにすることもある」と述べた。

フィンランドのような特殊な国のことは関係ない

突っぱねたくなる日本男児(笑)もいらっしゃるかもしれませんが
家事・育児に夫が協力的かどうか

どんな国であっても、
その後の妻の夫に対する愛情の変化と
大いに関係あるようです。

日本の場合、
育児に対するかかわりが薄い
あるいは
お客さんのごとく家にいる
という男性は

要らない!!

と判断されてしまうケースが多いようです。

そして
なぜ要らないと判断されたのかわからない(泣)
となるケースが多いらしい。

そうなるまえに、気づけ!!
うちでは
私に外での働き方では有給休暇がない
おまけに納期に追いまくられる在宅の仕事がある
という事情のため、
子どもの通院は基本的に連れ合いの担当です。
そりゃたまに私が連れて行くこともあるけどねw

いろんな意味で助け合える夫婦でなきゃ、
続けていくメリットないわなあ。
[PR]

by gabefunyaa | 2008-02-27 16:21 | テーマトーク | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/8101342
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 勝つことだけなら、TVの前でも... 気になる一言 >>