身近でなくなってる、野球

巨人戦の人気が落ちているのと
野球全体の人気がどうなっているのか、は
リンクしているとは言い切れないけど

少年野球チームのような
お金のかかる形で野球やってる子どもは増えているんですが
その辺で棒切れ振り回してというタイプの野球
(プラスチックのバット+テニスボールっていう
スタイルで
現在の自宅の近所で流行っている子どもも、いるんですけどね)
やってる子ども
少なくなっていることは確か。

ぜんぜん野球のルールを知らない
もちろん興味もない
っていう子どもも結構いる。
この辺を開拓していかないと
少子高齢化社会
マスターズリーグだけが盛り上がる
なんてことになりかねませんよ。

さあ、どうする??
目先のことにとらわれすぎたら、
これからもずっと野球を楽しむための方策
見失ってしまうかもよ。
[PR]

by gabefunyaa | 2008-04-21 20:40 | 野球談義 | Trackback | Comments(9)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/8443859
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by gegenga at 2008-04-21 20:47 x
そういえば、ゴロベースをやっている子どもって、最近ではまったく見かけないですねぇ。
Commented by おりがみ at 2008-04-22 00:55 x
とりあえず乳幼児期から親しむように布教活動をしております。
新聞バットと新聞ボールで「野球ごっこ」。2歳児にはちょっと難しいと思ったら・・結構打つのがいるんですわ。4歳児は新聞ボールで室内キャッチボール。雨が降るのが楽しみだなんていえない・・・。
Commented by at 2008-04-22 23:16 x
野球もそうなんですが、他のスポーツはもっと見かけない気がします。
陸上競技やラグビーはだいぶ前から競技人口減に悩んでます。
部活動やるのは運動神経の良い子限定なんてなってしまえば、どうにもならないでしょう。
Commented by gabefunyaa at 2008-04-23 16:02

>Mさん
私なんぞ「虚弱で運動をとめられていたクチ」にも関わらず、バット代わりに棒っきれふり回しておりました。
まず年上の従兄どもと野球盤でルールを覚えた、んですよね。

現在居住している市はかなりスポーツ熱心なところで、
陸上競技も小学生のための教室を市がやってたり、
ちびっ子向けにタグラグビーの教室があったりで、層が厚いです。

とはいえ、現実的には、少子化の上いわゆる格差社会。
親が何か習い事をさせよう、というどころではないという家庭の子どもは
おそらくスポーツに(プレーする立場で)接することは難しいかもしれません。

せめてテレビで見る機会があれば多少は違うのでしょうけどね。
Commented by gabefunyaa at 2008-04-23 16:04

>おりがみ さん
根っこからの布教活動がやはり大切のようです。
それをプレーする子どもとして育たなくても、興味を持つかどうか、は
身近にあるかどうか、と関係がありますからね。

野球=用具代金が高い、なのですが
「選手」としてではなく手軽な遊びならばお金はかかりません
(頭と身体は必要ですが)
Commented by gabefunyaa at 2008-04-23 16:07

>gegengaさん
なのでその辺で器物損壊して怒鳴られている子どもも少なくなったわけです。
私が子どもの頃は、「選手」として野球をプレーするのは小学生ですら
男子に限られていたのですが、いまでは中学(ときには高校)でも
「選手」として野球部にいる女子がいます。
でも・・・野球のルールも選手にも興味のない女の子
昔よりずっと多くなってしまっております。
(幸い関西、阪神のおかげでまだマシなんですけどねww)
Commented by あさぎや at 2008-04-23 22:54 x
(続きです)幼稚園・保育所の学童に、簡易な障害物競争みたいな「運動教室」をやっていることもありました。あれは、サッカーやバレーボールの選手と合同で県か市のレクリエーション活動に協力していたような記憶があります。なので香川独自の取り組みかもしれません。

野球のファン開拓から離れてしまいましたが(苦笑)
Commented by あさぎや at 2008-04-24 11:44 x
すいません、先に送信したつもりの文章が、うまく書き込めていませんでした。
ILの指導者や選手が少年野球教室とは別に、より小さい子供へ「キャッチボール教室」を開いていたのが将来の野球少年やファン開拓につながればいいなあ、と。
Commented by giants-55 at 2008-04-25 21:54 x
書き込み有難う御座いました。

「道具を揃える費用が掛かる。」、「塾通い等で人数が集まらない。」、「遊べるスペースが無い。」等、様々な要素が絡み合っているのでしょうが、昔は友達と野球だ三角ベースだと遊んでいた身からすると、日常に“野球ごっこ”の無い世界というのは寂しいものです。実際にプレイ出来ない迄も、野球のルールだけでも広く認識させる為に一番てっとり早いのは、魅力溢れる野球漫画(恋愛タッチの物では無く。)が現れる事なのかなあと思ったりも(笑)。

P.S. 人口バラスの歪さ、全国各地で見られるんでしょうね。なかなか予想し辛い面も在りましょうが、行政の怠慢から導かれた様な面も在り、我々国民がもっとシビアに注視して行かないと・・・。

<< おや? 冷や冷やしたなあ。 >>