えらい目に遭った

JR神戸線で女性はねられ死亡 14万人に影響

三十日午前七時十五分*ごろ、神戸市東灘区のJR神戸線甲南山手駅で、女性が、通過中の野洲発姫路行き快速電車(六両編成)にはねられ、即死した。このため、通勤通学時間帯のダイヤが大幅に乱れ、JR西日本によると、約十四万七千人に影響した。

この記事では、影響があったのが通勤通学時間帯だけだったみたいですが
・・・そんなことなかったです。
午後の職場に移動するために
甲南山手駅から乗車した午前十一時十五分頃でも
まだダイヤの乱れがありました。
上り線は15分、下り線は5分ほどでしたが
JRから他の私鉄に乗り継がねばならないためトホホでありました

そう、JR神戸線は、
姫路以遠(一部列車は加古川あるいは須磨・神戸)まで行って戻ってくる
京都以遠(一部列車は高槻)まで行って戻ってくる
で、一部列車は尼崎から分岐してJR東西線四条畷方面へも向かう
ものですから
ダイヤの混乱が解消されるのに時間がかかったようです。

朝、JRに乗ってしまった後で事故を知ったのであります。
乗る前であれば、
迂回して阪急-阪神乗り継ぎで職場に行くことが可能だったのですが
そうも行かず、
尼崎駅で運転再開を待ってました。
・・・ぎりぎり間に合ったけどね。


職場の最寄駅でしょっちゅう乗降している甲南山手駅、



東灘署の調べでは、快速電車の運転士が線路に転落してくる女性を目撃、非常ブレーキをかけたが間に合わなかったといい、自殺と事故の両面で調べている。女性は五十-七十歳ぐらいで、同署が身元の確認を急いでいる。

ホームの幅が(階段・エスカレーターなどの存在のため)非常に狭いところがあり、
快速電車は
ホームに停車する普通電車と同じ
ホームぎりぎりの線路をスピードを緩めずに走行しているので
正直怖いです。

(新快速電車や、特急列車、貨物列車は、
ホームから離れた線路を通ってるのでそうでもないのですが)

自殺、事故だけではなく
誰かと接触して押されるという事件の可能性も
県警には考えてほしいし
・・・
駅の構造、何とかしてほしいです。

通学に使う小学生・中学生・高校生
そのほかの人々で
いつも朝はホーム、あふれかえっていますので。

*JR駅構内で聞いた放送によると、七時十六分ごろでした。
[PR]

by gabefunyaa | 2008-10-30 20:19 | あれこれ | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/9783864
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ハムぞー at 2008-10-31 06:10 x
甲南山手はあとから無理矢理作った駅ですから
狭いホームになるのでしょうね。
狭いといえば旧の阪神春日野道駅
しかしあそこは比較的スピードを落としてましたから。

それと大阪駅も百貨店を建てるため
ホームを狭くしています。
あれも気になりますね。
Commented by gabefunyaa at 2008-10-31 17:30
☆>ハムぞー所長
旧の阪神春日野道駅は暗いのでスピードを落としているにも関わらず
接触事故がおこりやすかったのでしたよね。
旧の御堂筋線大阪駅もラッシュ時はちょっと怖かった覚えあります。

甲南山手駅と同様に後から無理やり作った
さくら夙川駅などもホームの幅が安全なのか、チェックが必要でしょうねえ。
とはいえ・・・大阪駅も含めホームの設計を見直すことはJRさん、まずやらないでしょうが。

<< ドラフト当日だったわけですが どうもしゃれにならない状況のよ... >>