違うことのほうが気になったw

子どもに「ジャイアン歌声」が多い理由って? | Excite エキサイト

ああ、なるほど
園児達の歌唱はほとんどが怒鳴りです。音程は合っていませんが、声は大きく元気です。
これは、親や幼稚園などは、美しく正しく歌うより、元気で楽しく歌えれば良いと思っていて、少々音程が外れても気にしない


正直、歌っているとは程遠い幼稚園からの叫び声
の原因は
元気で楽しくが良いという思い込みが原因なのか。
ま、そんなことだろうとは思っていたけど。

気になったのは
おそらく小学生であろう子供達の集団と一緒に
親がカラオケに行くこと
のほう。

ううむ私はカタイのか
・・・いや、ちがう、
スナック(←死語かも)の設備として
1曲100円程度のカラオケがあった時代を
リアルに覚えているwのが理由なのかもしれん
ガキの集団に
カラオケのような元々オトナが遊びに行くところに
大量発生されると
正直ドン引きなんですよね。





もうひとつ、ちょっと前の話になってるのですが、
カラオケ店舗の火災で
若い人たちが犠牲になったってニュースを
比較的近いところで起こった事件だったので
非常に印象深く覚えているので
万一火事になったときに
確実に脱出できるとは限らないところに
子連れで行くってのは
怖いよな、と思ってるのかもしれませんが。
[PR]

by gabefunyaa | 2008-12-07 17:07 | 教育談義 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://kotanuki.exblog.jp/tb/9996445
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by おりがみ at 2008-12-08 11:15 x
保育園児に「合唱」を「指導」しているとき気をつけるのがまさにこれ。
全編元気に歌ってもいいのだが、ここぞ!というときに小さくはっきり歌う事の威力を体験させるのです。
単に「声を小さくすればいい」のではないので最初子どもたちはすごく苦労します。「それじゃ何を言ってるかお客さんたちにわからないよ」と
1人ずつ客席側に座らせ聞き合わせたりして。腕白ハナタレの5歳児がクレッシェンドをやって見せるところは涙モンです。
Commented by gabefunyaa at 2008-12-12 21:45

>おりがみさん
聞いて気持ちいいってのは、なかなか小さいお子にはわからないので
わかって貰うのは難しいですよね。
我が家の校区の小学校では、隔年で「音楽会」「図工展」というしくみで
(「音楽会」では子どもが聞く日と、お客さんに聞いてもらう日の2回、ステージに上がる)お客目線ががずいぶんわかるようになります。
小さく、はっきりと歌うことによって伝わるってこと、相手を思いやる気持ちにもつながるのかも(大げさ?)

<< カープOB戦-youtubeより IBLJ いよいよ今年度分最終... >>