2009年 01月 28日 ( 1 )

コレからが真価を問われるのかもな。(その1)

アメリカには、MLBと提携関係にあるいわゆるマイナーリーグのほかに
独立リーグというものがあり、
独立リーグに所属している球団
(それどころか、極端な場合にはその小さなリーグ自体)が
しょっちゅう新設されたり、
廃止されたりしているそうです。

と、いうことは
日本にある独立リーグ
今のところ動いているのが
IBLJとBCL
この春から動き出すのが関西独立リーグ
合計3団体、
まだまだこのさき定着するかどうか、

はっきりしていないともいえるでしょう。

不況といわれています。
既存のスポンサーで協賛から撤退する
というところがあるかもしれません。
スポンサーからの収入が小さくなれば
リーグの本業(ようは、お客を呼び込みリピーターにすること)が
しっかりしていないと
運営が続けられなくなる危険性があります。

iza!に連続モノの記事が出ているので、
【プロ野球独立リーグ(1)】観客動員、赤字経営…つきまとう影
【プロ野球独立リーグ(2)】知名度と球場“Wの悲劇”
【プロ野球独立リーグ(3)】ナイター設備がない高知、明石


それについても触れながら書き続けていきます。

人気ブログランキングへ
[PR]

by gabefunyaa | 2009-01-28 21:19 | 独立リーグ | Trackback | Comments(0)