カテゴリ:お片付けノート( 41 )

モノを減らす:実践のコツ(5) 収納スペースには要注意


収納スペース(作り付けの扉付きの棚)が、現在住んでいるマンションにはたくさんあります。
本以外のものの大半はこの中に納まっているわけですが
何が入っているのか、
扉付きの棚であるので、
意識して確認しないとわからなくなります


整理収納アドバイザーのテキストに書いてあった
スタンバイ領域のモノの筈が
プロパティ領域のモノになってしまう罠

なのかもしれません。
さっきごそごそしたら
・しまいっぱなしになっていた喫煙具セット
(灰皿は実家で使う可能性があるのでそっちに移動することに)
・存在を忘れていたポータブルCDプレイヤー
(これ、CDと一緒に実家へ持って行くと長期滞在中に退屈がしのげるな)
・存在を忘れていた予備の蛍光灯
(リビングの片隅に予備の蛍光灯を置いているので、そちらにまとめることに)
そして、
使いようのないもの=スーツを買ったときについてくる収納用の袋を溜め込んでいる袋
が出てきました。
スーツを買ったときについてくる収納用の袋
は、すぐに燃えるゴミに出しました。

モノを減らすには、溜めこんでいるもので使えるものから使いきらなきゃいけませんね。




人気ブログランキングへ
[PR]

by gabefunyaa | 2017-04-09 20:05 | お片付けノート | Trackback | Comments(0)

モノを減らす:実践のコツ(4)紙媒体書籍・雑誌との付き合い方 その1:自宅の本棚

今は電子書籍ってものもあるわけですが、本に親しみ始めてからの年月の長さもあって
私が購入するのは主に、紙媒体の書籍・雑誌です

楽しみのために買うもの
必要に迫られて買うものに大きく分けられます。

必要に迫られて買うものというのは
仕事のための準備・スキルアップのために買うものというほうがいいかもしれません。
これ、本業(というか主たる収入を得るための外での仕事)でやる内容が
毎年のように変わるので
いつでもすぐに取り出して使えるように準備しておかないといけないので
使わない分はしまい込む→使うことになったら出してくるの繰り返しであります。
さすがに、内容が極端に古くなった場合には捨てますし
同じ資料がたくさんになったときにも捨てる
という管理の仕方です。

楽しみのために買うものについては
ルールとして、
「読み返しそうにないものは買わない」ことにしています。
つまり、いわゆる積ん読はあり得ない
書籍と雑誌ではちょっと事情が異なります。
どちらも総量規制、使わなくなったら(使う頻度が小さくなったら)棚から取り除きます。

雑誌に対する方が扱いはシビア。
そう、資源ごみに出してしまうんです。
さすがに思い入れのある
野球関連や相撲関連のものは廃棄できずしまい込んでるんですが
なぜか仕事のための箱の中に間違って
かなり前〔平成18年〕の
安馬と稀勢の里が表紙になっている雑誌があったので
正しい箱に入れ直しました。
それ以外の生活雑誌・女性雑誌は
情報を読むためのものと割り切って考えて
駅で取ってくる鉄道系フリーペーパーほどの頻度ではないにせよ
情報が古くなったものから廃棄処分にしています。

書籍は、よっぽどのことがない限り廃棄にはしません。
以前は
たもかく さんに送料を自己負担して送っていたのですが
送料の負担が経済的にきつくなってきたので
古本を買いとり、指定団体に寄付するという仕組みを利用しています
自宅まで取りに来てもらえる
送料がかからない
というので気楽に利用できます。
以前、小平市に住んでいた時には
東村山市社会福祉協議会「なごやか文庫」さんに自宅まで本を引き取りに来てもらっていました



人気ブログランキングへ
[PR]

by gabefunyaa | 2017-04-02 19:10 | お片付けノート | Trackback | Comments(0)

勧められたので参加申し込んでみた

整理収納アドバイザー2級認定講座に行ってきたときに
仕事として使うには1級の取得が必要で、
1級の試験のときの参考として
整理収納アドバイザーフォーラム2017に行っておいたほうがいい
とのおすすめがあったので
参加を申し込んできました。

コンペティションが勉強になるとのこと。

人気ブログランキングへ
[PR]

by gabefunyaa | 2017-03-30 20:58 | お片付けノート | Trackback | Comments(0)

さてこの2段ベッドを

息子たちが使っていたものなのですが、
1人だけで部屋を使うとなると、かえって邪魔ということで
何とか処分したいなという話が出てきました。
b0018469_21111673.jpg

ジモティーというサイトを覗いてみると、
比較的お近くで2段ベッドがほしい
という書き込みがあったので連絡とってみました。

この方で決まらなければ「あげます」という形でジモティーに投稿しようかな?
と考えています。

というのも、
我が家のあたりでは
粗大ごみは有料(まあ、どこもそうなんでしょうが)
しかも、事前にシールを買ってというのではなく、
平日に担当者に来てもらって立ち合いの上で
なので結構面倒なんですわ。
うまく貰い手がつくといいのですが…。
人気ブログランキングへ
[PR]

by gabefunyaa | 2017-03-28 21:11 | お片付けノート | Trackback | Comments(0)

整理収納アドバイザー2級認定講座に行ってきた

先日 行ってきた講座ですが
こちら

の書籍をもとに説明していただき
終わり近くにグループワークで
仮想お片付け(押入れをクローゼットとして使ってるけどうまくいってないのを改善する)
というのをやりました。

で、この本と出会って一番「なるほどなあ」と思ったのは
モノと人との関係:基本領域図の
プロパティ領域という概念でした。
「所有」「ただ持っているだけ」
プロパティ領域が広くなるのは
モノの量が非常に多い場合
とりあえず片付けるために、収納スペースに詰め込んでしまう
一度こうなってしまうと、このパターンから抜け出すことは難しくなります。
実際には、…倉庫スペースの拡大、…など、
必要か不必要かの基準が甘いとどんどん収納スペースが増えていくのです。


ええっと、私が悪戦苦闘している実家
プロパティ領域のモノで埋め尽くされてるわけであります。
収納で大切なラベリングはしてあったりするのですが、
モノがあんなに多かったら誰がラベリングを見るんだ?!
という話です。
前々から思っていた
うちの母親は「収納上手の整理下手」なんだろうな、というのが確信に変わり、
この後片付けてどうすればいいのかの方向性も見えてきました。

これだけでも、高い費用をかけて参加した価値はありましたね。
整理収納アドバイザーについては ハウスキーピング協会のHPをご覧ください。

人気ブログランキングへ
[PR]

by gabefunyaa | 2017-03-28 18:58 | お片付けノート | Trackback | Comments(0)

モノを減らす:実践のコツ(3)衣類との付き合いかた

ガラケーの写真なもので微妙にピントがぼけていますが
このクローゼットの左半分(写っている範囲)に
私の衣類のだいたい半分があります。

b0018469_20151645.jpg
だいたいシーズンオフのものは全部畳んで
棚の最上段に布製の衣装ケースに入れて収納。
ただし、めっちゃしわになりやすい素材のものは
シーズンオフであってもクローゼットにつるしたままになっています。

どうも、針金ハンガーだとちゃんと扱う気にならないようなので
実家からまともな木製のハンガーを持ってきました(苦笑)
ここ2-3年の間に新しく買ったものは
フェイクファーがちょっとフードの飾りについているパーカーっぽいコートだけかな?

ON職場にはスカート
OFF自宅そのほかではパンツスタイル
ということになっています。
自分で買ったものがだいぶ増えてきましたが
私よりもちょっとサイズの小さい母がかつて着ていたものを
着倒しているほうが多いかもしれません。

ここに入っていない、もっとカジュアルなものと下着類は
押入れダンスの中に畳む、というよりも丸めて突っ込んで利用しています。




[PR]

by gabefunyaa | 2017-03-26 20:15 | お片付けノート | Trackback | Comments(0)

せっかくなので


「お片付けノート」のやり方である程度習慣化されたので、
他流試合みたいなものになりますが、
整理収納アドバイザーの認定講座に行ってみよう
と考え
行きやすい場所の認定講座の申し込み(WEB上)をしてみました。

3月25日(おいおい26日には予定があるんじゃねえのかよ・汗)です。



人気ブログランキングへ
[PR]

by gabefunyaa | 2017-03-05 09:58 | お片付けノート | Trackback | Comments(0)

モノを減らす:実践のコツ(2)衣類の手放し方

着る気にならない〔なれない〕モノをどうしてるのか

15年ほど前には、自宅近くで実施されるフリーマーケットに出店して売ったこともありました。

でも、平日に申し込まないと出店できないってのも
実施日が土曜ってのも
私の生活パターンと合わなくなったのと
手間がものすごいので・・・やめました。

人気のあるような衣類なら
それこそ、フリマアプリなどで処分できるんでしょうけどね。
時間が許せば、安い値段でも一枚一枚売っていくのが最良でしょうが
まとめて処分するってのが実際のところやりたいことになっています。

第一の方法は、業者に「安い値段で」引き取ってもらうこと。
条件が整って可能ならこれが一番ですね
宅配買取でも料金を向こうが持ってくれるのでそれだけでも有難い!

次の方法は、活用してくれる団体に求められているものを送ること。
この場合には、送料はこちら持ちですから厳しい上に、
団体によって収集する品目や時期に違いがあるので
確認の上送らねばなりません。

このどちらの場合も、
十分着ることができる衣類に限定しなければなりません。
それ以外のモノ(洗濯してもシミが取れない・ほつれがある・ゴムが伸びてしまっている)は
適切にゴミとして処分です。
我が家のあたりでは市役所のごみ回収に
可燃とは別に「資源ゴミ」(古着類)があるんで気楽です。

さて、たいていの皆さんにとっては衣類が最大の問題なのでしょうが、
私にとってはそうではなかったりします。
また、実家をうろうろしてきますので
続きはその後で。



More 業者や団体についての紹介
[PR]

by gabefunyaa | 2017-03-02 22:20 | お片付けノート | Trackback | Comments(0)

自分のものも片付け中

物置小屋に母がしまい込んでいたモノを処分することから
私自身が実家に放置しているモノの整理と処分にやることの方向性が変わりつつあります。
b0018469_12544798.jpg

b0018469_12544765.jpg

ここ数年の体が思うようになる年代じゃないと粗大ゴミ出していくのはキツイのでやらなきゃならないんですよね。
というわけで
一枚目の写真に写っていた押し入れ下段のもの全てと
二枚目の写真に写っていた
引き出し付きの棚は1階に下ろしました。

[PR]

by gabefunyaa | 2017-02-09 12:54 | お片付けノート | Trackback | Comments(0)

かなり片付けた後がこれ

元は床が見えなかったですわ
b0018469_10574582.jpg

ここには、あと10個ほど収納ケースあったのですが
全部捨てました。中身が見えない収納って、後で困りますね…
b0018469_10574515.jpg

手前のスチール棚は、母屋へ運び入れました。
b0018469_10574534.jpg

下の2枚の写真は、同じ棚を一寸角度変えて撮影したものです。
b0018469_10574464.jpg

b0018469_10574573.jpg


[PR]

by gabefunyaa | 2017-02-08 10:57 | お片付けノート | Trackback | Comments(0)