「ほっ」と。キャンペーン

タグ:北陸・沖縄野球事情 ( 42 ) タグの人気記事

ちょっとうがった見方をしてしまうと・・・

いままであった「男子に限る」という条項が
IBLJの合同トライアウトから外れたことは
三重と大阪がIBLJとの交流戦を多くやるかたちで
来シーズンが動いていくこと

なんらかの関係があったのでは?
と思えてしまいますね。
三重、吉田えり投手と入団合意 独立リーグ、条件付きで
Excite エキサイト : スポーツニュース

6チームあるBCL
5チームになっているIBLJ
2チームでとりあえず発足するJFBL
なんとかコリアンチームの参入で4チーム体制になる関西独立リーグ
2チームで始まるという女子プロ野球機構
なんですが
BCL以外は
活動の場にかなり関西を使うわけです。
関西では
社会人野球チームの数も多く、
ウエスタンリーグの公式戦も多く行われています。
目新しさがなくなった場合
安定した観客動員が望めるのか?
ちょっと疑問点があったりもしますね。
人気ブログランキングへ

[PR]

by gabefunyaa | 2009-12-28 17:50 | 独立リーグ | Trackback | Comments(0)

淡路球団の参入を一時凍結

記事本文には
リーグ2年目での設立は探っていく方針。

とありますが、
この先どうなるかなあ・・・。
野球の新独立リーグJFL 淡路島の球団設立断念神戸新聞WEB(11月28日)

と、いうことで独立リーグをめぐる厳しい状況を見てみると

IBLJは
香川、徳島、愛媛、高知(一時経営危機、スポンサー入れ替えで持ち直したか?)
エクスパンションした長崎、福岡のうち 
意外なことに福岡が先に活動休止。

BCLは
富山、石川、新潟、長野

エクスパンションしたのが群馬と福井(経営危機でスポンサー入れ替え)

旧関西独立リーグは
元のリーグに残っているのが
明石、紀州、神戸
韓国からやってくる人々+在日コリアンの新チームを大阪本拠に設立予定
ジャパン・フューチャーリーグ

設立予定の三重に、関西独立リーグから移籍した大阪

ここ数年の間に、大口スポンサーに頼らずにやれる経営モデル作り

しっかりやらないと
どこのリーグも危ないんではなかろうか、と。
(おそらくBCLが一番マシでしょうけど)

人気ブログランキングへ

[PR]

by gabefunyaa | 2009-11-28 14:22 | 独立リーグ | Trackback | Comments(0)

女子プロ野球機構もトライアウト合格者発表

少しこの話題を取り上げるのが遅くなってしまいました。

懸念されるのは、
2チームでのリーグ戦であるにも関わらず
合格者がたったの30名ということ。
1チーム単純に考えれば15人ということになりますが
いままで野球のプレー経験のない合格者もいるので
常にギリギリの状態で試合をするハメになるのではないでしょうか?
合格者一覧はこちら

人気ブログランキングへ


ついでと言ってはなんですが
11月25日付で 23日に実施された
IBLJ東京会場合格者も発表されているのでMoreの先に載せておきます。

More
[PR]

by gabefunyaa | 2009-11-25 21:13 | 独立リーグ | Trackback | Comments(0)

合同トライアウト参加者そのほか

ここのところ、
「女子プロ野球」(当面2チーム)
「ジャパンフューチャーリーグ」
(三重と大阪球団が現在存在。チームがあるのは大阪のみ)
「IBLJ」(福岡は1年間球団があるのみの状態に)
「BCL」
(独立リーグの中では成功例といえるでしょうが、福井の状況は深刻なような気が・・・)
と、
新入団選手の合同トライアウトが行われています。

報道をMoreの先にいくつかピックアップしました。
合格者の発表が
各組織の公式HPに出たら紹介していく予定です。


人気ブログランキングへ

More
[PR]

by gabefunyaa | 2009-11-16 21:44 | 独立リーグ | Trackback | Comments(0)

来シーズン、ガラッとチームが変わる所が多いだろう。

変わる理由の1つは
「監督の交代」
もう1つは「主力といわれる選手の自主退団」
ですね。

来シーズンの展望やいかに 
ボチボチ来シーズンに向けて
にて
紹介した以外のチームでも今シーズン限りの退団選手が決定しています。

愛媛MP
高木大輔投手 本人からの申し出
川西祐太郎投手 本人からの申し出
近平省吾投手 本人からの申し出
高橋宏彰捕手 本人からの申し出
鈴木快内野手 本人からの申し出
大島慎吾内野手 本人からの申し出
檜垣浩太内野手 本人からの申し出
長崎準平外野手 本人からの申し出
小林祐人内野手 来季契約を更新しない旨通告
後安一宏外野手 来季契約を更新しない旨通告

長崎S
11月4日付
吉川公史郎捕手 本人からの申し出
保延佳亨内野手 本人からの申し出
松田有二投手 来季契約を更新しない旨通告
本山真也投手 来季契約を更新しない旨通告
比知屋孔明内野手 来季契約を更新しない旨通告
(中川)慧陽外野手 来季契約を更新しない旨通告

香川OG
11月4日付
松居伊貴投手 本人からの申し出


いやはや、愛媛MPファンの私としては
西山投手が現役を引退し福岡ソフトバンクホークスのファームスタッフになるのと
その後をうけ
エースであった近平投手が退団を決意するのが同じ時期
ってのがなんとも残念な気分だったりします。

石川ミリオンスターズ
11月6日付
 都 卓磨 投手  本人の希望
富山サンダーバーズ
11月5日付
 投手  辰巳野 貴由 球団より戦力外を通告
 外野手 藤岡 直也 球団より戦力外を通告
新潟アルビレックス
11月4日付
 上ノ下 健  捕手 本人の申し出により


人気ブログランキングへ
[PR]

by gabefunyaa | 2009-11-08 10:00 | 独立リーグ | Trackback | Comments(0)

独立リーグトライアウトの受付始まっているので

プロ志望届け(NPB以外)の提出者も出てきましたね。

今シーズン限りでの退団者の
この時点以降の続報が出てきたので紹介しておきましょう。

香川OG 10月20日付
 荒木康一内野手 本人からの申し出による退団
 藤井勇希内野手 本人からの申し出による退団
 恩田康夫捕手 本人からの申し出による退団
 チャン チェンシン捕手 球団より来季の契約を更新しない旨を通告
 金井塚渓太内野手 球団より来季の契約を更新しない旨を通告
 佐藤大介投手 球団より来季の契約を更新しない旨を通告
 リ ゼイエン内野手 球団より来季の契約を更新しない旨を通告
 吉森智一外野手 球団より来季の契約を更新しない旨を通告


 富山サンダーバーズ 10月19日付
 木村 陽彦投手 球団より戦力外を通告
 生出 和也投手 本人の申し出により
 浦垣 友希投手 本人の申し出により
 小山内 大和投手 本人の申し出により
 山田 晋太郎内野手 理由:本人の申し出により


 信濃グランセローズ 10月20日付
 村上 正祐内野手 自主退団
 坂田 一万外野手 自主退団


 石川ミリオンスターズ 10月21日付
 石井 和明 投手  球団より戦力外通告
 滝口 和眞 投手  球団より戦力外通告
 渡邉 孝矢 投手  球団より戦力外通告
 西埜 良信 投手  球団より戦力外通告
 小笹 拓  捕手  球団より戦力外通告
 荻原 英生 内野手  球団より戦力外通告
 大橋 雅俊 外野手  球団より戦力外通告
 董 偉    捕手   本人の希望
 大川 裕士 内野手  本人の希望




ええと、来シーズンに向けての動きが行われているからこそ
退団選手の発表ができる、
合同トライアウト概況の発表が出来るってことなのかな?
と、
関西独立リーグのほうには何のニュースも出てきていないだけに
そんな気がしてしまっております。



人気ブログランキングへ
[PR]

by gabefunyaa | 2009-10-21 16:44 | 独立リーグ | Trackback | Comments(2)

来シーズンの展望やいかに

ちょっと前に、
福岡RWと新潟アルビレックスベースボールクラブの退団選手について書いた
ボチボチ来シーズンに向けての続きです。

関西独立リーグ
参入予定の三重スリーアローズが離脱。
それどころかもう1つ独立リーグを関西・東海地域に作るつもりらしいのですが
どこに巨額の契約を結んでくれるスポンサーが?
どこに安定した1000人以上の観客動員の見込みが?

三重の代表の頭の中をのぞいてみたいのが正直なところです。

IBLJ
毎年、みやざきフェニックスリーグに選抜チームを派遣する
ということで
リーグ所属選手のレベルはそこそこ安定している
(社会人企業チームと遜色なし)とは思うのですが
1つ1つのチームの経営状態は・・・どうなんだろ

BCL
ここもかなり経営状態は厳しいのでしょうね。
強くある程度の観客動員が見込めるところはまだしも
福井は悲惨だと思います(今年途中に経営陣を入れ替えたくらいですから)

・新潟アルビレックスベースボールクラブ
退団選手はボチボチ来シーズンに向けて空追加発表無し。
芦沢真矢監督が来季も監督として指揮を執ることが決定
青木智史プレーイングコーチの来季続投が決定
本間忠コーチが契約満了に伴い退団

・信濃グランセローズ
9月30日付■退団選手
投手 小高 大輔(こだか だいすけ) 理由:自主退団
捕手 中村 一也(なかむら かずや) 理由:自主退団
内野手 渡辺 大輝(わたなべ だいき) 理由:自主退団
内野手 清水 勝仁(しみず かつひと) 理由:自主退団
内野手 松澤 俊充(まつざわ としみつ) 理由:自主退団
内野手 町田 孝行(まちだ たかゆき) 理由:自主退団
外野手 込山 勇人(こみやま はやと) 理由:自主退団
投手 梅澤 敏明(うめざわ としあき) 理由:自由契約
投手 佐藤 広樹(さとう ひろき) 理由:自由契約
内野手 三井 悠嗣(みつい ゆうじ) 理由:自由契約


・福井ミラクルエレファンツ
10月6日付
【自由契約】
 ・丹羽 俊介 投手  ・加藤 朋人 投手  ・西 義隆  投手  ・ソン ジョンソン  捕手 
 ・小牧 圭介 内野手 
【自主退団】
 ・笹村 浩介 投手  ・ソ グァンユン   投手  ・丸木 脩平 捕手
 
天野浩一監督の退任が決定





人気ブログランキングへ
[PR]

by gabefunyaa | 2009-10-08 11:21 | 独立リーグ | Trackback | Comments(5)

ボチボチ来シーズンに向けて

独立リーグ各球団の財務常態も気になりますが
「身の丈」にあったことをすればつぶれずに済むのでは?

チャンピオンシップの時期に入っているからでしょう

今シーズン限りでの退団選手がボチボチと
IBLJ公式 BCL公式で発表されはじめました。
福岡RW 9月30日付
 清水康広内野手 本人からの申し出による退団
 トモ(増田朋也)外野手 本人からの申し出による退団
 大澤亮投手 球団より来季の契約を更新しない旨を通告
 瓜野純嗣捕手 球団より来季の契約を更新しない旨を通告
 荒川大輔内野手 球団より来季の契約を更新しない旨を通告

新潟アルビレックス 9月30日付
 ・富樫 健太郎 投手 球団より戦力外を通告
 ・五艘 祐一 投手 球団より戦力外を通告
 ・綿貫 克也 投手 球団より戦力外を通告
 ・森元 雄太 投手 球団より戦力外を通告
 ・柳田 博基 捕手 球団より戦力外を通告
  あちゃああ・・・。かつてKFB所属していたので凹むぞ
 ・福西 太志 内野手 球団より戦力外を通告
 ・阿部 康生 内野手 球団より戦力外を通告
 ・中村 真人 内野手 球団より戦力外を通告


本人からの申し出のばあい
 プレーヤーとしては一線を引く覚悟を決めたのか、
 はたまた他球団への移籍なのか気になりますね
戦力外通告された場合
 またトライアウトを受けるのか、
 それともプレーヤーとしては一線を引く決断をするのか

※NPB所属選手の退団情報については 別館にて


 


人気ブログランキングへ
[PR]

by gabefunyaa | 2009-10-02 11:07 | 独立リーグ | Trackback | Comments(0)

球団存亡の危機

独立リーグ、経営が厳しいであろうことは予想できているはずなんですが
エレファンツ球団経営行き詰まる 福井新聞社に支援要請福井新聞より
読売新聞WEB北陸版には 経営陣が経営難の責任を取って退任する
との記事しかなかったのですが
福井新聞をみるとこれは悲惨だな、と。
昨季*はスポンサー料や公式戦入場料などの収入約1億3500万円に対し、チームや球団職員の人件費、球場使用料をはじめとする運営経費などの支出は約1億7000万円に上った。現経営陣は今季も同額程度の収入を見込んでいたが、不景気の影響もありスポンサー収入が激減。増資やファンクラブ会員の拡大策も図ったが、見通しの甘さから経営改善できなかった。
 5月末時点の各収入をみると、スポンサー料など事業収入が昨季の4020万円から今季は2910万円に大きく落ち込んだ。ファンクラブ会費も1420万円から420万円に、入場料収入も630万円から400万円に減るなど、合計で約2300万円のマイナスになったという。
 BCリーグによると福井を除く5球団**のスポンサー収入の平均は、年間5千~6千万円で推移し、後援会費や入場料収入の平均も福井より多い。
 スポーツコミュニティ福井は7月2日に臨時株主総会を開き、現経営陣退任の承認を得るとともに新役員を選出する予定。7月4日から始まる後期は新体制下で新たなスポンサーやファンの獲得、経費節減などに努めていくことになる。


*08年のこと
**富山・石川・新潟・信濃で発足、群馬が(福井と同時に)加わる

人気ブログランキングへ
参考までにいままでの成績をMoreの後ろに。。

弱いから観客動員が望めない、っていう面もあるのでしょうが、
ギリギリのところへ不景気によるスポンサー離れが直撃してしまった
ってことなんでしょうね。

今シーズンはチームが何とか維持できても、
来年以降も存続していけるのか??
非常に気になります。コストカットしかないんでしょうかねえ・・・。

観客動員は消化試合になるとそりゃ下がりますよね。
引き離されて弱いチームが
(前期を見る限り)出ていないって点では
関西独立リーグの選手分配はうまく行ってるのかも知れません。
引き離されて弱いながらも何とか経営をやりくりしている
IBLJ徳島球団には頭の下がる思いです。

More
[PR]

by gabefunyaa | 2009-06-25 17:11 | 独立リーグ | Trackback | Comments(2)

本当の危機はこれからなんだろうけど・・・。

今日はセパ交流戦がお休みなので
ちょっと前の産経新聞iza!の記事
ナックル姫効果?支援金120万円集まる
をネタに。

 運営会社の撤退が決まってから、神戸では選手が球場でスタンドを回り募金活動を行っていた。5月24日のオープン戦では21万2257円、吉田えり投手(17)が登板した同29日の明石とのリーグ戦では61万5670円の募金が集まった。また同25日に神戸市で行われた兵庫県弁護士会の会合では選手が支援を呼び掛け、36万8000円の支援金が寄せられた。“ナックル姫効果”などで総額は119万5927円に上った。
 神戸の球団広報は「予想以上の支援をいただき、本当に感謝しています。今後もグッズ売り場や球場入場口などで寄付金を募っていきたい」と話した。


短い日数で集まったので
独立リーグのために支援金が集まるのが
さも凄いことのように取り上げられていますが
そういえば
高知の存続問題のときにもずいぶん募金を含めた活動があったよなあ
徳島の練習環境を良好にするための募金活動もあったよね
愛媛の練習環境を良好にするための募金活動も記憶にあるなあ
これらの募金活動
とくに、存続が問題になる点では高知のケースも似てるんだけど
・・・マスコミはあんまり大きく取り上げてくれなかった予な、
ナックル姫のような
目を引く存在もいないようなチームばっかりだしさ(苦笑)
というのが
IBLJファンの私の正直なところ。

(兵庫県に住んでいるというのに、
すぐ近くで試合をやってる関西独立リーグまで見てる余裕が無いっす。
ここのところ、IBLJの試合すら追いきれていない
正直、トホホな話です。)

本当の危機はこれからなんだろうな、と。
IBLJでは
運営会社がある程度しっかりしていて
それが各球団を下支えする形になっています。
でも
観客動員の見込めていない球団にとっては
状況の先行きは明るくない。
BCLは人口規模を考えると観客動員の確保が上手いなあと。
関西独立リーグ
これから新しい運営会社が動いていくわけですが
ステラにいい加減な対応をされた元のスポンサーは
追加投資などしてくれないだろうな、と思います。
小口出資を数多く募る形で
運営会社をしっかりしたものにしていかなきゃならんのです。




人気ブログランキングへ

More
[PR]

by gabefunyaa | 2009-06-04 21:46 | 独立リーグ | Trackback | Comments(2)